ライブドアブログはヤフー検索と相性が悪いのだろうか?

2009/05/16 19:30

相性イメージ毎月の【アクセスレポート】でもお伝えしているように、ライブドアブログに移行してから、ヤフー検索との相性が極めて悪い傾向にある。言い換えれば、ヤフーの検索結果で来訪する人が非常に少ないのだ。うわさでも「ライブドアブログはヤフーと相性が良くない」という話を目にし、色々と気になることもあったので、今回まとめて調べることにした。

スポンサードリンク


ライブドアブログはヤフー検索と相性が悪い?
まず2009年2月にライブドアブログに移行してからの、主要検索エンジン経由での到達率(検索結果で来訪する人全体に占める、それぞれの検索エンジンの割合)をグラフ化してみた。まだ4か月分(しかも5月は半月ほど)なのでデータにばらつきがあるが、極めてヤフーからの来訪者が少ないことが分かる。これは裏返せば、それぞれの検索キーワードにおいてヤフーの表示順位が低いことを意味する。

主要検索エンジン経由での到達率(ライブドアブログ移行後)
主要検索エンジン経由での到達率(ライブドアブログ移行後)

同じようなデータを、旧ドメイン・サーバーにおける4か月分(2008年10月-2009年1月)で取得して合計したものが次のグラフ。条件が違うためあくまでも参考比較にしかならないのだが、ヤフー検索の割合の違いが分かるはずだ。

2008年10月-2009年1月における旧ドメイン・サーバーの検索エンジン経由での到達率
2008年10月-2009年1月における旧ドメイン・サーバーの検索エンジン経由での到達率

【「ライブドアブログ」「ヤフー」「相性」】で検索すると、いくつか他の事例で「ライブドアブログはヤフー検索と相性がよろしくない」という言及が見受けられる。また、ライブドアブログを利用しているブログユーザーで、「アクセスランキング上位」「逆アクセスランキングを公開している」2ブログの事例(【痛いニュース(ノ∀`)】【【2ch】ニュー速クオリティ】)を見ても、直近データで

【痛いニュース(ノ∀`)】
 Google……138077件、Yahoo!Japan……54900件
【【2ch】ニュー速クオリティ】
 Google……93701件、Yahoo!Japan……7295件

と、Yahoo!Japan経由の数が少なく、「やはりライブドアブログはヤフー検索に嫌われているのかも」という推測が正しい……ようにも見える。

しかしライブドアブログを利用しておりサイトの内容的に当サイトに近く、アクセス数も多い【ちぎっては投げ】の直近公開データをみると

 Google……4761件、Yahoo!Japan……1448件

という値が出ており、必ずしも「ライブドアブログ=ヤフー検索と相性が悪い」とは言い切れないことが分かる。

さらに「ライブドアブログだけではなくブログ全体では?」という疑問も沸いたので、ニフティサーブのブログサービス「ココログ」で2004年3月から開設している【不破雷蔵のマイポートフォリオ】の直近4か月のデータも取得してみた。

2009年2月-2009年5月における「不破雷蔵のマイポートフォリオ」の検索エンジン経由での到達率
2009年2月-2009年5月における「不破雷蔵のマイポートフォリオ」の検索エンジン経由での到達率

「ブログだからYahoo!Japanの到達率が低い」というわけでもなさそうだ。

他の可能性を調べてみる
さらに色々と(検索エンジン技術や対策の関連サイト、情報交換のコミュニティサイトなど)探してみると、経験則からYahoo!Japanの検索には、次の2項目が大きく影響するらしいことが多数語られていた。

・ページ蓄積数
・ドメインの古さ

このうち「ページ蓄積数」についてはすでにアクセスレポートで何度も触れていることだが、改めて検証してみると「さほど」影響はないことが判明している。具体的には、現時点の新サイトの記事投稿数約860と、ほぼそれに同する旧サイトでの投稿数859を記録している2005年12月における、それぞれ過去一か月分の到達率を比較してみれば明らか。

投稿件数がほぼ同数の条件下における、新サイトと旧サイトそれぞれ過去1か月分の検索エンジン経由での到達率
投稿件数がほぼ同数の条件下における、新サイトと旧サイトそれぞれ過去1か月分の検索エンジン経由での到達率

もう一方の「ドメインの古さ」を検証するため、JGNNの他のサイトのデータをいくつか探してみた。検索エンジン経由の到達率を調べられるものとしては、現在のgarbagenews.net以外に旧サイトのgamenews.ne.jp、そしてjgnn.comがある(garbagenews.comは現在データセンターとして利用しているため、ブログやサイトの類はおかれていない)。そしてそれぞれのドメインの取得年月は次の通り。

・jgnn.com……2000年3月
・gamenews.ne.jp……2001年6月
・garbagenews.net……2009年2月

(代表から借り受けている)jgnn.comが一番古く、当然のことながらgarbagenews.netが一番新しい。そして、一番古いjgnn.comのドメイン下で運営されているサイトのうち、ある程度アクセス数がありデータ検証に使えそうな【米米優待倶楽部】【不破雷蔵のレシピ雑記帳】について過去4か月(ココログやgarbagenews.netなどとあわせるため)に絞って検索エンジン経由での到達率を調べてみたところ、調べた本人にも驚く結果が出た。

jgnn.com下における過去4か月間の検索エンジン経由での到達率
jgnn.com下における過去4か月間の検索エンジン経由での到達率

「不破雷蔵のレシピ雑記帳」ではGoogleとYahoo!Japanがほぼ同数、そして「米米優待倶楽部」にいたってはYahoo!JapanがGoogleを上回る結果が出ている。これらはライブドアブログを利用しているわけではないので一概に現在の当サイトとの比較はできないが、同じMovableTypeを使っているgamenews.ne.jp下の旧サイトと比較しても、あまりにもYahoo!Japanの影響力が大きい。

どうやら「Yahoo!Japanはライブドアブログとの相性が悪いのではなく、利用しているドメインの古さに強い影響を受けている」という仮説を立てた方がよさそうだ。なぜなら当サイトはライブドアブログを利用しているのと同時に、今年2月に取得したばかりのドメインを使っているサイトでもあるからだ。サイトのドメインが新しいから、ヤフー検索との相性が悪く、その結果として到達率が圧倒的に低い。そう考えれば上記のデータのつじつまが合う。



「ドメインが古いほどヤフー検索との相性が良くなる」というネットコミュニティでの言及には「半年、1年の区切りで少しずつ相性が改善される傾向がある」という話もあった。一方、今回検証した各データはまったく同じ条件下ではなく、あくまでも参考値でしかないので、正しい結論を導き出したという断定はできない。例えば当サイトの新旧ドメイン下でのほぼ同件数の投稿数における比較にしても、検証時期が違うし、投稿記事の内容そのものが違っているので、厳密にいえば同じものとして比較するのは難があることになる。

さらにYahoo!Japanの検索エンジンの根幹を成すロジックであるYSTは、しょっちゅうその仕様を変更することで知られている。他の条件が一致していても、計測時期が違えば、その時期によるYSTとの相性の違いでデータが大きくぶれる可能性が出てくる。あくまでも参考値以上の主張をするのは難しい。それでも昔も今もYahoo!Japanの検索傾向の根幹に「ドメインの古さを重要視する」がある点は変わり無いようだ。

このことが以前から分かっていたのなら、現在データセンター用に使っている(年数的にはgamenews.ne.jpとほぼ同じくらいに古い)garbagenews.comを新サイト用のドメインとして使うべきだったのだろう。しかし【当サイトなどで利用しているドメインについて】にもあるようにそもそも移転を考えておらず、garbagenews.comを「余らせるのももったいないから」とばかりにデータセンター用のサーバーに割り当てた後に「どたばた」が起きたのだから、どうしようも無かったとしか言いようが無い。

当サイトにおいては、ちまたで語られている「半年、1年の区切りで(ドメインの経年が積み重ねられるので)相性が改善される」のを待つしか無い、ということになる。「ドメイン取得直後からの検証データが取れることを喜ぶべき」とポジティブに考えるのもありかもしれない。ともあれ、しばらく時間が経過してから、再度ヤフー検索の到達率推移を追って、この仮説が正しいのかどうかについて検証してみることにしよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー