「疲れたね じゃあ夕食は カップめん」!? 疲れて手を抜くトップはお食事

2009/04/15 19:55

女性が疲れている様子イメージパナソニック マッサージソファPR事務局は2009年4月15日までに、現代人の疲れに関する意思調査結果を発表した。それによると、女性が疲れている時に、つい手を抜いてしまう行為は選択肢の中では「食事」という意見が一番多いことが明らかになった。一方で疲れていても絶対に手を抜かないトップには「仕事」がついており、疲れの中でも懸命に仕事をしている女性の姿が見えてくる結果となっている(【発表ページ】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年3月下旬に全国の20-50歳代の男女400人に対して行われたもので、男女比は1対1、年齢階層比は非公開。

今調査ではストレスや疲れについて14の問いを行っているが、その中で女性のみに限定し、「疲れているから……と、つい手を抜いてしまうこと」「疲れていても、絶対に手を抜かないこと」それぞれについて、用意されている選択肢の中から各個一つずつ選んでもらったところ、「つい手を抜いてしまう」では「食事(料理、食べ物)」が、「絶対に手を抜かない」では「仕事」がトップについた。

疲れている時、つい手を抜いてしまうこと・絶対に手を抜かないこと(女性のみ・択一回答)
疲れている時、つい手を抜いてしまうこと・絶対に手を抜かないこと(女性のみ・択一回答)

タイトルにもあるように、食事の場合は自分自身やその身内のみが影響範囲であることから、疲れた時には手を抜いても「被害」が最小限で済むところが、手を抜きやすい原因なのかもしれない。その観点で見ると、「仕事」がもっとも割合が低く3.0%しかないのも理解できる(ボディケアや化粧も、ある意味周囲に「被害」を以下略)。

一方「絶対に手を抜かない」では、「仕事」と答えた人が3割近くに登る。食事も僅差で多くの人が「手を抜かない」と答えているが、

・「食事」……疲れで手を抜く人が多いが、絶対手を抜かない人も多い
・「仕事」……疲れても手を抜く人はほとんどおらず、絶対手を抜かない人が多数

疲れているけど仕事をがんばる女性イメージという違いがあり、少なくとも回答母体(の女性陣)においては「疲れても仕事は絶対やりぬく」という強い意志があることが分かる。一方、食事については両極端。一人暮らしか世帯持ちかなど、環境の違いが原因なのかもしれない。

また、自分自身のケアに関する項目では、「化粧」が10.5%とそれなりの値を占めているのに対し、「ボディケア」が1.5%しかないのが気になる。「つい手を抜いてしまう」でも「ボディケア」は「化粧」以上に手を抜かれる傾向があるため、女性にとっては「化粧>ボディケア」という優先順位があるのだろう。



男性諸氏にとっては配偶者である女性が作る料理。その料理に雑さを感じたら、「疲れた」と愚痴をこぼしたり疲れたしぐさをして食事を作っていたかを思い返してみよう。もし思い当たるふしがあれば、それは彼女が本当に疲れている可能性が高い。その場合、手を抜いたことを残念がったり叱咤するのではなく、気づかうことをオススメする。

夫婦ゲンカイメージもちろん【「これやって」「早くして」や「がんばれ」が 疲れている時 イラっとするよね】でも触れているように、「早くして」「まだ?」「今日のごはん何?」「がんばれ」「だらだらするな」などの言葉は用いないように……と、読み直して見ると、食事のシーンでありがちなセリフばかり。「疲れた女性」「食事が雑」「夫の何気ない一言」「妻の反発」「大ゲンカ」という一連の流れによるシーンが容易に浮かんできそうだ。くれぐれもお気をつけて。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー