ミスしてもめげずに自分を成長させるための4ステップ

2009/04/15 12:00

ミスイメージ人は誰でも過ちを犯すもの。ただそのミスに対して単にめげて落ち込むのか、それとも「貴重な経験をした」と受け止めて自分のレベルアップにつなげるかで、その後の歩みは大きく違ってくる。【AskMen.com】では「間違いから学ぼう(Learn From A Mistake)」と称し、人生において不可避な「ミス」との賢い対面の仕方を教えている。

スポンサードリンク


元記事ではまず「ミス」について、それが出来ること自身が特権だと説いている。例えば飛行機パイロット。彼らは極力ミスをしないよう義務付けられている(多数の乗客の命を握っているし、ちょっとしたミスが大変な事態を巻き起こす可能性が高いからだ)。そしてわずかなミスでも逐次報告を行い、ミスに関する情報をパイロット同士で共有することで、「ミスから習得できる経験」をも共有し、レベルアップを図ろうとしている。ネット上における「ナレッジ・マネジメント」の仕組みだ。

しかしこのような手法は言わば「プロ」のやり方。一般人たる多くの人たちは、次の4つのステップを踏むことで「ミスを自分の経験・糧(かて)」とすることができる。

1.ミスをしっかりと認識する
正直なところ、ミスは恥ずかしく、出来れば他人に知られたくないもの。そして存在自体を「無かったこと」にしたいもの。しかし自分のミスを隠したところで、何か得られるものがあるだろうか。

ミスそのものを隠蔽(いんぺい)しようとしたり他人のせいにすることなく、それを自分自身のものとして(非難を受けることや責任も含めて)認めることからすべては始まる。締め切りに間に合わなかったとしても、同僚を責めたり交通機関の遅れに理由を求めてはいけない。計算ミスをしでかしたら、それを素直に認めよう。

2.考え方をポジティブに変える
スタンフォード大学心理学部Carol Dweck教授によると、目標の達成や成功のカギは「自分自身の能力に対する(どこまでやれるかという)見通し・見越し」にあるという。自分の能力は今把握しているものだけなのか、それともさらに伸ばして、その上新しい能力を見出せるのか。その考え方はそのまま本人の人格を形成し、能力をも決定付けるという。

要はポジティブな考え方(自分はまだまだ成長する、こんなものじゃないという考え方)そのものが本人の能力をも飛躍成長させる一方で、ネガティブ思考(自分の能力はこんなもんだ、という停滞的な考え方)は限界を自ら作り上げてしまい、問題解決のためのハードルをつくり、成長の可能性を止めてしまう。

よって、ミスをした時には「ポジティブな思考」を心がけること。ネガティブ思考だと「ミス」の結果にばかり注目してしまい、その「ミス」から何も学ばない傾向が強くなる。「ミス」を屈辱的なものと見るのではなく、自分の考え方や能力的な短所を指摘され、改善を加えるためのきっかけと見なすべきだ。

原因究明イメージ3.ミスの原因を突き詰める
どこで、どうして間違ったのかを確定するために、ミスにいたった動機や過程を調べ、ミスの主原因を調査する。自分自身だけでなく、第三者の意見を求めるのも重要だ。まずはどうしてミスに至ったのか、どうすれば正しく行うことが出来得たのかを調べねばならない。

調べる項目は色々とある。情報の精査不足、努力の過少、方向性の問題などなど。恐らくはそれらについてはっきりとしたものをつかみきれていなかったか、あるいは「自分は理解している」と誤解していたに過ぎなかったことが分かるだろう。

4.新しい取り組みへ踏み出す
ミスを認めて考え方をポジティブにし、ミスの原因を追究することができたら、あとはそれを身につけた上で一刻も早く正しい(=ミスをしない)行動に反映させる。ミスによって露呈した、さまざま問題点を一歩引いて分析することができたのだから、それを踏まえて対処すれば、確実によい方向へ歩みだすことができるはずだ。

ポジティブイメージ要は、「ミスでめげずに『結果は出せなかったが経験を積んだ』とポジティブに考え、その考えに従い『経験』を効率良く体得するためにミスの分析をする。その上で、一刻も早く分析結果とその対処を次のチャレンジに活かす」といった表現でまとめられるだろうか。

残念ながら人間の記憶や行動様式(mindset)はあまり都合の良いように出来ておらず、同じミスを(つい忘れて)何度と無く繰り返してしまうこともある。しかし上記の4ステップを踏んでしっかりとミスの認識と「経験への転換」をこなしていれば、少なくともその回数も減らせるに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー