アートでファニーなTシャツたち

2009/04/15 07:40

アートでファニーなTシャツイメージ日差しの強さと共に温度計が指し示す数字も上昇を見せ、外出時の服装も一枚、また一枚と薄手になる今日この頃。ラフに着こなせるTシャツがありがたい時期が到来しつつあるともいえる。このTシャツというのがまた便利なもので、セーターなどの冬服と比べて無地の傾向が強いことから、それをキャンバスなりに見立ててさまざまな自己表現が出来る「アートの場」としても使われることが多い。有名どころではサークルのシンボルマークや一言メッセージ、人気キャラクタの絵などが頭に思い浮かぶが、【TOXEL.com】ではそれをさらに一歩推し進めて「アート」の域に到達させたTシャツを披露している。今回はそれらの中から、トリッキーなものをいくつか紹介することにしよう。

スポンサードリンク


FedExのキャンペーンTシャツ
FedExのキャンペーンTシャツ

まず最初は、FedExのキャンペーンに用いられたTシャツ。横腹のところに同社の封筒を模したプリントがあるだけなのだが、写真右にあるように手を下げた状態でいると、はたから見ればFedExの封筒を持ち歩いているように見える。その分、会社のロゴにも注目が集まるというわけだ。ごく当たり前の情景なのだが違和感も感じ取り、じっと目を凝らすと「ああ、なぁんだ」という再認識をさせられる。ちょっとした笑いがこぼれるに違いない。

次はフォトショップ使いなら「うおっ!?」と思わず足を留めてしまうTシャツ。【元ページはこちら】

フォトショップの消しゴム機能Tシャツ
フォトショップの消しゴム機能Tシャツ

フォトショップの消しゴム機能を使っている最中を模したTシャツで、真ん中部分が消された状態になっている。「うおぉぉぉ、消されちゃう-」などというセリフが似合うかも。このTシャツ、上記ページで24.14ドル(約2400円)で通販が行われている。サイズはSから3XL、背景色も好きなものを選べるし、シャツそのものの種類もVネックやショートスリーブなど4種類から選択可能。

おひげ男爵Tシャツイメージ上記サイトでは他にも、右にあるような「持ち上げるとおヒゲ男爵が出来る、お茶目なTシャツ」も販売している。描かれてあるビジュアルは大したものではないのだが、ほんの少しのアイディアとセンスで、素晴らしいものが出来うるという好例。

「その場にありそうなものを、無いにも関わらずあるように見せる」という意味では先のFedExのTシャツと同じような考えのものがこちら。誰でもキレイな黒の長髪になれるTシャツ。

黒の長髪Tシャツ
黒の長髪Tシャツ

よく見ると分かるのだが、女性自身はセミショートの髪型。肩にかかる部分がちょうどTシャツの髪をプリントした部分と重なっており、ロングヘアーに見えるというあんばい。シンガポールで行われていた、「余仁生友宝」(H4H Hair Formula)という育毛剤のキャンペーンで用いられていたようだ。実用性はともかく、この商品のキャンペーンにはバッチリなTシャツといえる。

最後に紹介するのは、ファッショナブルなだけでなくノリが良い、というよりは一発芸に使えそうなTシャツ。

音楽好きな人たちのTシャツ
音楽大好きなTシャツ

Marshall Music(南アフリカ)というブランドがプロモーションのために作ったデザインTシャツ。左からスタンドマイク、ギター、ヘッドホンを使っているかのように見える。写真のモデルのようにポーズを決めると、ちょっとウケるかも。なお、通信販売もされている、という表記が元記事にあったのだが、現在ではそのリンクは使用不可能となっている。残念。



元記事には他にも色々な「面白デザインTシャツ」が掲載されているが、今回はあえて「ポジティブな驚き」「見ている人もハッピーになれそうな」ものだけを選んで紹介した。いずれもが見た目の楽しさや錯覚を利用したもので、アイディアさえ思いつけば誰でも作ることができるだろう。

単にロゴやイラストを配するよりは、何倍も周囲の注目を集めることができるし、喧伝効果も高い。これからTシャツがありがたくなる時期、人とはひと味違ったTシャツを考え、着こなしてみるのも悪くない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー