【更新】「家族が好きだから」カレー作りに見る女性の家族愛と生活の知恵

2009/04/13 07:10

カレーイメージ情報サイト「ブロッチ」などを展開するアイシェアは2009年4月10日、カレールーのこだわりに関する調査結果を発表した。それによると、自宅でカレーを作る人がその理由として挙げた項目のうち、もっとも多くの人が同意を示したのは「カレーが食べたいから」で7割以上を示していた。また「家族が好きだから」の項目で女性が男性の2倍以上もの値を示すなど、男女間でカレー作りを通してさまざまな違いが見えてくるのが分かる([発表リリース])。

スポンサードリンク


今調査は2009年3月23日から3月26日の間、無料メール転送サービスCLUB BBQの登録会員(携帯電話による個人認証を利用したもの)に対して行われたもので、有効回答数は380人。男女比は51.6対48.4で、年齢階層比は20代36.1%、30代30.8%、40代33.2%。

調査母体の中で、自分でカレーを作る人は212人・55.8%に達していた。その55.8%の人に「なぜ自分でカレーを作るのか」について尋ねた結果が次のグラフ。全体では「カレーが食べたいから」がもっとも多く、72.6%を占めた。

なぜカレーを作りますか
なぜカレーを作りますか

「食べたいからつくる」、至極当然な理由で、一番回答が多いのもうなづける。一方、男女間でその他の項目を見ると、性別で多い・少ないの項目に差異があるのが分かる。

・男性……料理のレパートリーが少ない、安い
・女性……作り置きできる、家族が好き、野菜が摂れる、サイドメニューが少なくて済む、冷蔵庫の在庫整理ができる

特に「家族が好きだから」の項目では、女性は男性の2倍以上もの回答を示している。自分はともあれ、家族が好きだからカレーを選ぶ。ちょっとした料理の選択の中にも家族への想いがこめられているようで、嬉しくなってくるものだ。「野菜が摂れる」あたりも栄養バランスに配慮してくれると考えれば、同じような想いがこみ上げてくる。

同時に「サイドメニューが少なくて済む」(カレーライスは主食とメインのおかずを兼ねたような形になるため)、「作り置きできる」「冷蔵庫の在庫整理ができる」など、世帯の食生活を預かる立場からの生活の知恵的な、頼もしい意見項目でも男性より女性の方が回答率が高い。

一人暮らしの人が自分自身でカレーを作るのなら話は別だが、配偶者がいる人にとって食卓にカレーライスがお目見えした場合、色々な具と共に想いがこめられていることを考えてみるのも良いかもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー