日本の食品サンプルは世界一ぃぃぃぃ!? 「すがもり工房」のアイテム群に圧倒される

2009/03/22 11:00

食品サンプルイメージ【写真カテゴリ記事】で何度と無くミニチュア系のアイテムを紹介していることや、それらの記事内で触れているように、当方(不破)は細かいもの、本物を数分の一の大きさにスケールダウンした模型やホンモノそっくりの模型が大好き。時間などの余裕があれば、ペーパークラフトや鉄道模型サイズの建物を一日中創り、それらに囲まれて暮らしてみるのもいいな、と考えているほど。そんな当方が心を動かされたのが【BB Watchのスタパ大先生の記事「スタパブログ」】。ホンモノそっくりの食品模型、いわゆる「食品サンプル」。食堂やレストランの入り口に必ずおいてある、子どもの時にはサンプルとも分からず「一日置くと腐っちゃうので毎日取り替えなくちゃいけないから、大変だろうな」と要らぬ心配をしていたアレだ。スタパ先生が購入したサイトは【すがもり工房】

スポンサードリンク


すがもり工房
すがもり工房

写真一覧付きのサンプルカタログをフラッシュで。ただし値段は2001年当時のものなので、あくまでもビジュアル参考用として。それにしても喫茶店そのものだよ……
写真一覧付きのサンプルカタログをフラッシュで。ただし値段は2001年当時のものなので、あくまでもビジュアル参考用として。それにしても喫茶店そのものだよ……

このような食品サンプルは、世間一般の人にはニーズが無いので専門業者か問屋に問い合わせなければ買えないものだと思っていた。それが(楽天市場やアマゾンなど、自分がいつも使用している場所ではないのが残念だが)インターネット経由の通販で購入できる時代に。趣味の世界とはいえ、非常に興味深く、そしてありがたいお話。

種類も実に多種多彩。デザートの項目だけでも「タルトケーキ」「いちごショートケーキ」「ワッフルプレート」「プリン」「ソフトクリーム」「いちごパフェ」「キッズパフェ」「ミルフィーユパフェ」「モンブランパフェ」「チョコナッツパフェ」など、書いている途中で食欲を抑えられなくなりそうなので残りは省略するが(笑)実に多くの種類が揃っている。それぞれの項目でこれくらいのアイテム数がある上で、その項目自身も「スイーツ」「和菓子」「サンドウィッチ」「カレー」「和食」さらには「レストランメニュー」「海老魚類」「台湾料理」果ては「教育教材」まである始末。外食産業でカバーされている食品はほとんどあると思って良い。

食品サンプルとしては一番馴染み深い「スパゲティナポリタン」。空中に浮かんだフォークがポイント。お値段は5800円。ちなみにイタリアのナポリにはナポリタンは無い。
食品サンプルとしては一番馴染み深い「スパゲティナポリタン」。空中に浮かんだフォークがポイント。お値段は5800円。ちなみにイタリアのナポリにはナポリタンは無い。

さて、スタパ先生は飲食店を営んでいるわけでもないが、チョコドーナツとハンバーガーとマカロンを購入なされ、飼い猫の反応を楽しんでおられるようだが、実際にはどのような使い方が考えられるだろうか。飲食店の店頭サンプル以外としては、筆頭に挙げられる使い方は「教材」。料理教室で食品の並べ方や作り方そのものを教える際のサンプル、そして栄養士が食品の食べ方やメニューの構成を教える時の具体例として、用いることが考えられる(実際当方も退院前の栄養指導で、栄養士に指導を受けた際、いくつかの食品サンプルを使った教えを受けた)。

また、お土産、特に海外からの来訪客への日本土産にはぴったり。もちろん対象は日本料理を選ぶべきで、アメリカから来たお客にヒレステーキの食品サンプルを提供してもあまり嬉しく思わないだろう。むしろお寿司やおせち料理のような、日本らしく、かつ彩色的に見栄えの良いものが好まれるに違いない。これらの食品サンプルを通じて、日本食への興味関心が沸き、さらに日本への敬愛が深まれば素晴らしいことである。

自分自身のために購入するのもあり。さすがに牛丼やラーメンは少々はばかられるが、例えばデザート・スイーツ・和菓子系、そして野菜や果物の単品アイテムは、室内インテリアとして十分に通用する。さらにフランス料理や台湾料理はミニチュアサイズで提供されているので、ミニチュア模型としての楽しみも満喫できる。価格はいずれもホンモノの食品よりは高い。材質はほぼ軟質塩化ビニール製。気軽に買える値段ではないが、職人芸的なところもあるから、これはこれで致し方なし。

時期的にはややタイミングを逸してしまった感もあるが、食べ物を相手に贈るイベント(バレンタインデーやホワイトデー)、誕生日などのプレゼントに、サプライズアイテムとして使うのも一興だろう。あるいは「食べたつもり」用としてダイエットに使えるかもしれない(美味しそうに見えて、逆に食欲が増してしまうリスクもあるが(笑))。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー