子どものケータイも節約モード!? 有料コンテンツ利用が減少傾向に

2009/03/19 06:50

ネットマイルは2009年3月18日、携帯電話の子どもたちの利用に関する調査結果を発表した。それによると携帯電話を使っている子どもたちが利用する有料コンテンツとしては、着メロ・着うたやゲームが多くを占めていることが明らかになった。しかし1年前と比べるとそれら上位項目の利用度合いは減少しており、有料コンテンツの使用がひかえめになっているようすがうかがえる([発表リリース、PDF])。

スポンサードリンク


今調査は2009年2月26日から3月2日までの間、インターネット経由で行われたもので有効回答数は591人。男女比は167対424で、年齢階層比は小学5年生が157人・小学6年生が126人・小学4年生が112人など。

調査母体591人のうち、自分専用・家族共有の携帯電話を持つ213人に対し、どのような有料コンテンツを利用しているか尋ねたところ、もっとも多かった回答は「着メロ」で22.5%に達していた。ネットマイルでは今回も含めて過去3回、子どもに携帯電話に関する調査を行っており、それらのデータをまとめたのが次のグラフ。

どのような有料コンテンツを使っているか
どのような有料コンテンツを使っているか

「着うたフル」「着ボイス」「アニメ・動画」は今回からの導入項目なので過去2回分はデータが無い。それらも合わせて3年分の動向を見ると、着メロ・着うたなどの昔ながらの着信音系コンテンツは顕著な形で減少が見られるし、デコメや待受け画面も大きな利用低下が見て取れる。かろうじてゲームは昨年と比べればやや増加を見せているが、一昨年の利用よりは少ない値を示している。

元リリースでも指摘しているように、全体的に見て有料コンテンツの利用は以前と比べて、多少ながらも控えめになる傾向があるようだ。これもまた、利用料金を支払うことになる保護者側のふところ事情によるものなのだろう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー