【更新】音声の録音再生可能です・しゃべる色紙と伝言板登場

2009/03/19 06:45

「おはなししきし」イメージ【トッパン・フォームズ(7862)】は2009年3月18日、IC録音装置やスピーカーなどを内蔵し、薄型の紙に音声を録音・再生できる色紙と伝言板「おはなししきし」「でんごんぼーど」を開発したと発表した([発表リリース、PDF])。

スポンサードリンク


「おはなししきし」と「でんごんぼーど」
「おはなししきし」と「でんごんぼーど」


「おはなししきし」と「でんごんぼーど」はそれぞれ普通の色紙・伝言板に、IC録音装置・スピーカー・電池を内蔵し、手書きメッセージに加えて音声メッセージを録音・再生できる機能を追加したもの。視覚だけでなく聴覚でも相手に意思疎通が出来る道具、ということになる。

「でんごんぼーど」イメージ両者とも表面部分に「録音ボタン(赤)」「再生ボタン(青)」が用意してあり、それぞれのボタンを押すことで機能を発揮する。録音時間は約20秒、動作回数は300-400回(電池の電力量の問題)。伝言板は繰り返し録音・再生することになるだろうが、色紙では何度も繰り返して録音する場面は想像しにくいため、色紙裏面に専用タブを用意。これを切り取ると上書きができない仕組みとなっている。

長期間繰り返し使うことを考えると「伝言板」は電池切れが懸念される(電池が切れると単なる普通の伝言板になってしまう)が、「色紙」は色々なイベントでの利用、子どもの成長記録、寄せ書きなど用途が色々と考えられる。「ICカードそのものを添えるには大げさすぎる」という場面では、意外に重宝するかもしれない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー