若い女性、メークがとっても大好きで、時間もかけてしっかり「変身」

2009/03/18 19:45

女性のメークイメージポーラ・オルビスグループのポーラ文化研究所は2009年3月17日、女性を対象に行ったメークに関する調査結果を発表した。それによると、調査母体の女性においては全体の6割ほどが「メークが好き」と答えていることが分かった。特に20代までの若年層においてはその傾向が強く、7割近くがメーク好きと答えている。また、メークにかける時間もこの年齢層は他の年齢層よりも長い傾向にあることが確認されている(【発表リリース、PDF】)。

スポンサードリンク


今調査は2008年8月にインターネット経由で首都圏に在住する15歳から64歳の女性に対して行われたもので、有効回答数は1500人。年齢階層は15-19歳、20-24歳、25-29歳、30-34歳、35-39歳、40-44歳、45-49歳、50-54歳、55-59歳、60-64歳で均等割当。

当方(不破)も含む男性陣から見れば、女性のメークほど神秘的で、同時に理解しがたいものもない。先の【メークする女性の理由は歳の差が。若きは「自分に自信を持ちたい」】によれば、若年層は「自分に自信を持ちたいため」、中堅層以降は「紫外線から肌を守りたいため」にメークをするそうだが、それでは女性陣たちはメークそのものをどのように思っているのだろうか。調査によると、好きでメークをしている人は全体では6割近く、若年層に限ると7割近くに達している結果が出ている。

メークを行うことへの好感度
メークを行うことへの好感度

20代までは年齢と共に好感度が上がり、20代後半で最大になる。ところが30代になると突然メークへの好感度は10ポイント以上下がり、あとはほぼ横ばい。しかも「非常に好き」の割合で見ると、漸減していることが分かる。

さらに各年齢層ごとにメークの所要平均時間をみると、こちらも若年層ほど長く、歳を経るにつれて漸減している様子がうかがる。

メーク平均所要時間
メーク平均所要時間

いったい20代と30代の間に、女性のメークにおいて何が起きているのか。それを解く鍵が、繰り返しになるが先の記事(元ソースは同じ)の【メークする女性の理由は歳の差が。若きは「自分に自信を持ちたい」】にある。掲載されている図を見れば分かるように、メークをする大きな事由は

・20代前半までは「自分に自信をつけるためにメークアップ」(積極的、自主的)

(お肌の曲がり角……25-29歳プラスマイナス5年)

・30代以降は「紫外線からの防御のためにメークアップ」(消極的、半ば義務的)

と、年齢により大きな違いがある。そしてその境目・転換点がまさに20代と30代の間に相当するわけだ。

女性のメーク用品イメージつまり20代までは「自分自身をより盛りたてるための積極的行動」による、言い換えれば加算方式によるメークなので大好きにもなれるし、時間もついつい費やしてしまう。ところが30代をこえると、どちらかといえば「自分を守る、消耗をできるだけ減らすための消極的行動」による、言い換えれば減点方式によるメークなので、乗る気も20代までと比べると減少するし、時間もそれほどかけなくなってしまう。※

プロの化粧師はまるで芸術家のようであり、その手にかかれば冗談抜きで女性も「化ける」ことができる。目の前で何度かそのプロセスを見たことがあるが、それはまさに女性の「変身願望」をかなえるかのようなものだった。ハリウッド仕込みの「特殊効果」という意味ではなく、複数の化粧品や化粧道具を用いて素材(女性自身)の良いところを最大限に活かす、言い換えれば「魔法」をかけられたようなものだったのを覚えている。個人個人でも経験と修練を積めば、それに近いメークを毎日のちょっとした時間で出来るようになるのかもしれない。

少なくとも20代までの「メーク大好き☆」な女性たちは、そのような「魔法」を毎日自分にかけるべく、鏡に向かって努力しているのだろう。


※注:当方は女性のメークをしたことがないので分からないが、単純に「自分を盛りたてるためのメーク」の方が「紫外線からの防御のためのメーク」よりも時間がかかるだけなのかもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー