実際お金はたまるかな? やったことがある「つもり貯金」ランキング

2009/03/18 06:35

貯金イメージ検索エンジンgooにおいて実施されていた【やったことがある「つもり貯金」ランキング】の結果発表が行われ、第一位には「ペットボトル(お茶)を買ったつもりで、自宅から水筒を持参」がついた。身近な日常生活から貯金の機会を設けようという観点では、非常に合理的かつ実践的な方法といえる。

スポンサードリンク


新着情報30件→RSS
goo ランキング
やったことがある「つもり貯金」ランキング
1ペットボトル(お茶)を買ったつもりで、自宅から水筒を持参
2お釣りがなかったつもりでお釣りを貯金
3外食したつもりで自炊
4電車に乗ったつもりで徒歩移動
5ビールを買ったつもりで発泡酒、第3のビール
6CDを買ったつもりでレンタル
7居酒屋に行ったつもりで家飲み
8雑誌を買ったつもりで図書館で借りる
9新刊を買ったつもりで古本屋で購入
10高級スイーツを食べたつもりでコンビニスイーツ
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

今調査は2009年1月22日から26日、gooリサーチのモニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したもの。有効回答数は1071、男女比は51.8対48.2。年齢階層比は30歳代がもっとも多く28.9%、ついで40歳代27.8%、20歳代14.3%など。

景気動向が厳しくなるとともに、将来への不安が高まる昨今においては、「未来への備え」となる貯金をいかに賢く行うかに注目が集まっている。貯金のノウハウは山ほどあり、その中でもよく行われているのが「つもり貯金」。要は「-したつもり」になってその行動自身はあきらめ、その行動に消費したはずの予算を貯金しようというもの。「人生は常に等価交換」という言葉にもあるように、「何かを差し出して代わりに何かを手に入れる」という観点においては、実に合理的な考え・やり方といえる。

その「つもり貯金」でトップについたのは「ペットボトル(お茶)を買ったつもりで、自宅から水筒を持参」するというもの。飲料メーカーからは「そんなことせずに自社商品を買ってくれ」と嘆く声もきこえてきそうだが、当人からすれば1日150円前後は節約できる計算。これが一か月蓄積されるだけで5000円程度の貯金ができる計算。

第二位には「お釣りがなかったつもりでお釣りを貯金」。これはすでに実践している人が多いかもしれない。財布の中にたまりやすい小銭を逐次貯金箱に移すクセをつければ、おサイフがパンパンにふくれ上がる醜態も防げる。

第四位は「電車に乗ったつもりで徒歩移動」。これは単に貯金手法としてだけでなく、健康の維持のためによく目標値として掲げられる「1日1万歩は歩行する」ことを実践するために行われることも多い。そもそも論として、電車通勤・通学をしていなければ出来ない方法だが、気軽に誰でも出来る方法としてオススメ。

第三位の「外食したつもりで自炊」をはじめ、10位中には飲食関係が5つも入っており、いかに飲食方面で消費がセーブされる傾向にあるかが把握できる。また「外食」「CD」「雑誌」「新刊」など、代替手段で我慢する項目を見ると、いずれも現在苦戦している業界・セクターばかりで、複雑な気分になるのも事実。「節約する」「その分野の需要が減退」「さらに景気後退」「さらに節約」という悪循環に陥るのかも、というのは考えすぎだろうか。

なお【ペットボトルをプラスαな道具にするアイテムたち】でも解説しているが、「一度使ったペットボトルの再利用」は、関連団体では勧めていない。特に水筒などとして使うことは衛生上・安全上の問題があるとの見解だからだ。「つもり貯金」としてはややつもり度が減ってしまうが、ペットボトルの再利用よりも水筒を使った方が無難かもしれない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー