家の空気をきれいにしてアレルギーやぜん息を防ぐための6つのポイント

2009/03/16 05:10

室内のほこりイメージどうしても空気がこもりがちの室内では、空気中のほこりが溜まりやすく、それが元でチリダニなどが発生する場合がある。窓から差し込む朝の日差しに照らされて、無数のホコリが舞っている様子が分かるとぞっとするものだ。そこで【HelathDay】では家の中に発生しやすいチリダニを防ぎ、ぜん息やアレルギーの発生を抑えるためのコツ6か条を指南している。

スポンサードリンク


・湿度を50%以下に保つ。夏の間はエアコンや除湿器を活用する。
・50度以上のお湯を用いて毎週寝具を洗濯する。
・マットレスの上には湿度を防ぐための保護カバーを用いる。ジッパーにはテープを貼り付ける。
・カーペットはできるだけ避け、代わりに洗濯が可能な敷物を使う。
・モップを使ってこまめに掃除をする。
・洗濯可能なカーテンや窓のカバーを使い、定期的に洗濯をする。

要は「ほこりがたまり易い場所をこまめに掃除洗濯する」ことに尽きる。除湿器は空気清浄機の機能も併せ持ったものなら、より高い効果が望める。また、除湿器を買うのが面倒だという人には、ドラッグストアなどで手に入る室内用除湿材を買って用いるのも良いだろう。

本文中では「カーペットを避けて敷物を使う」と説明しているが、日本の場合には畳(たたみ)を使うという選択肢もある。畳の主成分である「い草」は湿度が高いときには湿気を吸収し、低い時には水分を調整するという、室内湿度を調整する機能を持っている。畳は元々湿度の高い日本の環境にマッチした、素晴らしい住宅建材の一つだったわけだ。【大学生、一人暮らしの設備品「エアコン」「フローリング」「バストイレ別」】にもあるように、メンテナンスが簡単なことから大学生はフローリングの部屋が大好きな傾向があるようだが、畳の素晴らしさもチェックしてほしいものだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー