【更新】クレジットカードを使う最大の理由、支払い先延ばしや「クレカのみ」での使用ではなくて……

2009/03/11 06:55

クレジットカードイメージ情報サイト「ブロッチ」などを展開するアイシェアは2009年3月10日、クレジットカードに関する調査結果を発表した。それによると、調査母体中クレジットカードを持っている人が、そのカードを使う理由としてもっとも多いのは「ポイントを貯めたいから」で、実に半数近くの人が同意を示していた。支払いの便利さや管理のしやすさより、「オマケ」にクレジットカードの注目は集まっているようでもある([発表リリース])。

スポンサードリンク


今調査は2009年2月18日から2月23日の間、無料メール転送サービスCLUB BBQの登録会員(携帯電話による個人認証を利用したもの)に対して行われたもので、有効回答数は449人。男女比は55.9対44.1で、年齢階層比は20代18.0%、30代30.7%、40代27.6%、50代23.6%。

即時決済が出来るという点で、インターネット上の金銭のやり取りには今や欠かせなくなったクレジットカード。以前「制作記」でも触れたが、現在新記事を更新している当サイトの新ドメインgarbagenews.netとライブドアブログそのものも、クレジットカードで支払いをすることにより、作業を始めてから1日経たずに(それどころか数時間で)稼動を開始できた。これが料金の金融口座からの振り替えや、書きとめでの現金送付(今時これを使う人はあまり居ないと思うが)だったら間違いなく数日を要していたところだ。

このクレジットカードについて、利用する理由をカード所有者(392人・87.3%)に複数回答で尋ねたところ、「便利だから」「クレジットカードしか使えないから」などではなく、「ポイントを貯めたいから」という理由がトップについてしまった。

クレジットカードを使う理由
クレジットカードを使う理由

カード会社によって付与率や条件は違ってくるが、クレジットカードは使えば使うほど、ポイントが貯まることである一定額が(事実上)キャッシュバックされる仕組みが備わっていることが多い。例えば電気・ガス代のような公共料金を通常のスタイルで支払えばそれでオシマイだが、カード経由で支払えばポイントが貯まるのなら、当然カード支払いを選びたくなるもの。間接的には節約にもつながるのだから、利用しない手はない、と考える人が多いのも納得がいく。

この傾向は特に女性に強いようで、男性と比べると約12ポイントもの違いがある。さらに「特定店舗での特典」という項目でも、女性の割合は高く、クレジットカードに関していうならば女性はとかく「オマケが大好き」という表現が当てはまることになる。

一方、クレジットカードそのものの特徴である「支払いの先延ばし」「支払日をまとめて、管理をしやすくする」という点はさほど多くない。ただし「多額の現金を持ち歩かなくても済む」という点はさすがに同意者数が多く、3-4割をしめている。特に50代はその割合が高く、防犯上リスクを感じる壮齢者が、リスク回避のためにカードを用いている様子が想像できる。



昨今の経済動向を受けて、カード破たんが増加していることもあり、各カード会社は既存カード利用者の与信調査を厳格化しつつある。それと共に、ポイント制度もサービスを縮小、あるいは一部の廃止を行うところも出てきている。

「ポイントを貯めたい」というニースがもっとも多い状況で、そのポイントによる特典が目減りされてしまうとなると、利用者はどのような動きを見せてくるだろうか。色々と興味深い話ではある。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー