「週刊ダイヤモンド」は王道をひた走る…ビジネス・マネー系雑誌部数動向(2008年10月-12月)

2009/03/10 19:50

【社団法人日本雑誌協会】は2009年3月2日、2008年10月から12月分の印刷部数を公表した。主要定期発刊誌の販売数を「印刷証明付き部数」ベースで公開したデータで、各紙が発表している「公称」部数より正確性はきわめて高く、各雑誌の現状を「正しく」把握できるデータでもある。今回は当サイトのメインテーマにもっとも近い「ビジネス・マネー系雑誌」についてデータをグラフ化し、前回からの推移を眺めてみることにする。

スポンサードリンク


データの取得場所の解説や「印刷証明付部数」などの用語説明は、一連の記事まとめページ【定期更新記事:雑誌印刷証明付部数動向(日本雑誌協会)】に収録されている。そちらで確認をしてほしい。

それでは早速、まずは2008年の7-9月期と10-12月期における印刷実績を見てみることにする。

2008年の7-9月期と10-12月期におけるビジネス・マネー系雑誌の印刷実績
2008年の7-9月期と10-12月期におけるビジネス・マネー系雑誌の印刷実績

雑誌名通り「プレジデント」の威厳が断トツで印刷部数が多い状況に変化はない。また、【少年・男性向けコミック誌の部数の変化をグラフ化してみる(2008年7月-9月データ)】でも解説しているが「お盆・夏休み効果」(学校や職場が休みで、通勤・通学時に購入する機会が減るため、それを見越して印刷数も少なくなる)がビジネス・マネー系雑誌には大きく出ていたようだ。今期においてはその反動もあり、多くの雑誌で前期比プラスの値を見せている。なお今カテゴリーでは他カテゴリーと異なり、雑誌名の変更や休刊・廃刊、さらには追加誌は無し。

「ビジネス・マネー系」とのカテゴリーではあるが、投資系の定期発刊雑誌がほとんど観られないのも前回通り。「投資関係月刊誌ではナンバーワン」と自称する某誌をはじめ、もっと多くの関連誌のデータを見たいものだが。

続いて各誌の販売数変移を計算し、こちらもグラフ化してみることにする。要は約3か月の間にどれだけ印刷部数(≒販売部数)の変化があったかという割合を示すもの。よほどのことが無いか、あるいはたまたま定期的な印刷部数見直し時期に当たらない限り、3か月間で大きな変化は見られないはずだが……。

雑誌印刷実績変化率(ビジネス・マネー系)
雑誌印刷実績変化率(ビジネス・マネー系)

「季節特性」(「お盆・夏休み効果」)の反動もあり、今回は多くの雑誌でプラスを見せている。ただし「THE21」は-1.6%、さらに「オール投資」は-11.4%という数字が出てしまっている(プラスマイナス5台%を「誤差の範囲」として考えても「オール投資」はやはり問題視されうる数字)。

また、前回下げ幅がキツかった「\en SPA!」「COURRiER Japon」「THE21」のうち、「THE21」はマイナス、「\en SPA!」「COURRiER Japon」はプラスだったもののその値は3%にも達しておらず、次回以降の動向が気になるところ。一方、王者たる「週刊ダイヤモンド」はお盆休みの季節特性にもあまり影響を受けず、マイペースにキングスロードを走っているようだ。これはこれで頼もしい話ではある。



【アクセス数前年比300%増し-金融危機で大いに注目を集める金融新聞系サイト】にもあるように金融危機が叫ばれる昨今、金融・経済系のウェブサイトは(確証度・知名度・権威度の高い新聞社・法人系サイトを中心に)アクセスが大幅に伸びている(当サイトも2009年1月以降のサーバー規制やサイトの移動などのごたごたが無ければ……)。雑誌においても似たような結果が出てもよさそうなものだが、読者のニーズは雑誌にはあまり向かないようである。

これらビジネス・金融・マネー関係の雑誌は、確証度はともかく、情報展開のスピードがインターネットと比べて圧倒的に劣る点で「現在の状況をうまく活用し、波に乗る」ことが難しいようだ。そこで最近ではインパクトのあるタイトルと、深く突っ込んだ記事内容で話題を集め、販売促進を図る傾向が見られる。内容そのものの充実はきわめて嬉しい話ではあるが、あまり刺激の強い(そしてある意味あおりの強い)ものが続くと、次第に読者は慣れてしまうリスクがあることに注意しなければならないだろう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー