SBMが22か月連続純増数でトップ、ドコモ・auは伸びるも及ばず(2009年2月末携帯電話契約数動向)

2009/03/07 09:20

電気通信事業者協会(TCA)は2009年3月6日、2009年2月末時点の携帯電話及びPHSの契約数を発表した。それによると2月末時点の携帯電話の契約数は1億0648万1700件。これは前月比で0.4%のプラスとなる。また、純増数ではソフトバンクモバイルが13万1000件の増加で主要グループ中トップとなった。これでソフトバンクモバイルの純増数トップは22か月連続となる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


2009年2月末時点の主なデータは次の通り。

・携帯電話全体……1億0648万1700件
・事業者別
 NTTドコモ……5432万2500件(+10万3100)
 au(KDDIなど)……3061万9700件(+5万6900)
 ソフトバンクモバイル……2025万1200件(+13万1000)
 イー・モバイル……128万8300件(+9万6500)

携帯電話契約件数
携帯電話契約件数

携帯電話契約件数(増減
携帯電話契約件数(増減)

2月は閑散期ともいえる1月よりは多少持ち直しを見せている。NTTドコモ・イーモバイル・auは大きな伸びを見せたものの、ソフトバンクモバイルはほぼ横ばい。それでもソフトバンクモバイルの順位に変動はなく、昨年12月や9月の時のように、ドコモと首位のつばぜり合いという域には達していない。

可処分所得が減り、財布のヒモがきつくなる昨今においても、携帯電話周りのニーズや購買意欲は大きな違いは見られない。これは家賃や電機・ガス料金にも見られる傾向で、インフラコスト・生活維持には必要不可欠なコストだから。このような(程度は小さくとも)成長を続ける状況はまだしばらく続くことだろう。

各社が子どもやお年寄りなど、これまで携帯電話を持っていなかった層にも積極的にアプローチをかける広報戦略を続け、「若年層だけでなく、みんなのケータイ」をイメージさせる動きを見せている。今後少しずつではあるが今まで以上に、幅広い層に向けて携帯電話が普及していくことが想像されよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー