【更新】パソコンで よく見るニュースサイト数 2つ以上は 5割に達する

2009/03/04 07:45

インターネットイメージ情報サイト「ブロッチ」などを展開するアイシェアは2009年3月3日、パソコンによるニュースサイトの閲覧に関する調査の結果を発表した。それによると、調査母体においてパソコン経由でニュースサイトを閲覧している人の中では「よく見るニュースサイト」の数は「2-5サイト」という人の割合がもっとも多く、半数程度を示していた。複数サイトを巡回ルートに入れているものの、その数はそれほど多くはない、ということなのだろう([発表リリース])。

スポンサードリンク


今調査は2009年2月11日から2月16日の間、無料メール転送サービスCLUB BBQの登録会員に対して行われたもので、有効回答数は465人。男女比は57.0対43.0で、年齢階層比は20代12.9%、30代47.1%、40代28.6%、その他11.4%。

当サイトも含め、今や多種多様なニュースサイトがインターネット上に満ちあふれる今日この頃。閲覧する側の時間は1日24時間以上にはなりえず、ましてやインターネットにアクセスできる時間はもっと少ないため、ニュースサイトを見るにしてもその個数は限られてくる。よく比較される新聞においては1紙のみを取る人もいれば複数紙とる人もいるように、ニュースサイトを見る人も「よく見る(高い頻度で巡回する)」サイトが複数存在するのだろうか。調査母体の中でパソコン経由でニュースサイトを見ている人に尋ねたところ、もっとも多い層は「2-5サイト」で全体の半数を占めていた。

よく見るニュースサイトはいくつあるか(パソコンからニュースサイトを見る人のみ)
よく見るニュースサイトはいくつあるか(パソコンからニュースサイトを見る人のみ)

「2-5サイト」ということは、例えば「ポータル系、新聞社系が二つくらい、あとはひいきの業界系ニュースや個人ニュースサイト」といったところだろうか。さすがに6サイト以上となるとほとんどの人が該当しない。また、「ニュースサイトを見ている」のに「”よく見る”ニュースサイトが無い」という人(全体で2割近く)は、ネットでのサイト閲覧において、ニュースサイトは主な巡回先ではないことが考えられる。

女性より男性
歳を経るほど
PC経由でよく見る
ニュースサイト数は
増えていく
男女別で見ると、「2-5」が15ポイントも少ないのをはじめ、女性の方がニュースサイト数が少ない傾向にあることが分かる。どちらかといえば女性はニュースサイト「そのもの」にはあまり興味がないのだろう。あるいは自分の興味関心を持つサイトが無いだけなのかもしれない。

また、年齢階層別で見ると、歳を経るにつれて「無い」層が減り、「1」「2-5」の層が増える傾向にあることが分かる。「6-10」など大量のサイトを巡回ルートに含めるほどニュースサイトに深い興味があるわけではないが、「お気に入りのニュースサイトは持っている」という人は歳とともに増加する傾向のようだ。

ちなみに当サイトの読者層年齢構成比は【当サイトの読者の属性傾向集計がまとまりました】にもあるが、30代28.1%・40代19.5%・50歳以上22.7%と、中堅層以降の割合が多い。「よく見るニュースサイト数」にカウントされているとありがたいのだが(笑)。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー