「自分は盗まれました」と自己主張するノートパソコン向けソフト

2009/03/03 05:30

ノートパソコンの盗難イメージ持ち運びが容易なノートパソコン、さらには最近流行のミニ(ノート)パソコンは日々機能をアップし、多くの人に受け入れられている。それと同時に、その端末に収められるデータの重要度も上がり、盗難の際のリスクも上昇している。東証の適時開示情報でも時々「社員のノートパソコンが盗難・紛失にあいました」というリリースが出るほどだ。紛失はともかく盗難の際、「ここまで機能が上がっているのだから、どうにかならないものか……」と考える人は多いはず。その悩みを解消してくれるかもしれないのが、【Frontdoor Software】のサービス「The Retriever」。

スポンサードリンク


「The Retriever」
「The Retriever」

要は、ノートパソコンの稼動時においてパスワードが正しく入力されないと大音量で「助けて! このノートパソコンは無くしちゃったか盗まれたって報告されてるの!」(第三者向け)「お前は本当の持ち主じゃないだろ、さっさと持ち主に返せ!」(「当事者」向け)という叫び声がスピーカーから発せられる。さらに画面上には「このノートパソコンは盗難品です」のメッセージが表示される。

その上このサービスが「発動」すると同時に、周囲のWi-Fiネットワークをチェック。ノートパソコン自身の現在位置を確認、その上でサービス提供元のFrontdoor Softwareに位置情報を伝えてくれるというものだ(ちなみに通常時でもグーグルマップなどで位置情報の確認が行われるらしい)。

ちなみに価格はソフトと3年間のサポートライセンス付で29.95ドル(約3000円)。各OS用に90日間お試しバージョンが無料で提供されている。

もちろん「叫び」は英語、場所のモニタリングも日本ではないので、日本人の私たちがインストールしても何の意味もない。また、位置情報を第三者に提供しなければならないのは(リスク回避と交換とはいえ)腰が引ける人も多いだろう。また、【トリガー記事のUbergizmo】でも指摘しているのだが、「位置情報はともかく、スピーカーをふさがれたらオシマイでは?」という話もある。

とはいえ、パスワードチェックの回数など配慮する必要もあるだろうが、「ノートパソコンが盗難を受けた時の『対策』の一手」としては、なかなか面白いかもしれない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー