ゲームソフトランキング更新、あの話題のタイトルがズラリと……

2009/03/03 04:55

メディアクリエイトが発表した2月16日-2月22日の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、今回計測週のトップの座についたのは、スクウェア・エニックスの新作ロールプレイングゲーム『スターオーシャン4 THE LAST HOPE』だった。近未来における宇宙への移住をテーマにした世界観の中で繰り広げられるSFとファンタジーが融合したロールプレイングゲームという点では過去の『スターオーシャン』シリーズと何ら変わるところは無い。シリーズ伝統のリアルタイムアクションバトルもそのまま、というより新システムを加えて大幅に「進化」している。さらにXbox360のスペックを活かすべく描かれた華麗なビジュアルがユーザーをとりこにする。発売初週の感想としては、戦闘システムやシナリオそのものにダメ出しをしている人が何人かいるのが気になるところ。次週以降の動向に注目したい。

スポンサードリンク


第二位には先週から1つ順位を落としたものの、まだまだ堅調な売れ行きを示している『マリオ&ルイージRPG3!!!』が。クッパの中でミクロの決死隊よろしく大活躍をするマリオ・ルイージと、クッパの視点とを切り替えてプレイするという、ゲーム進行にメリハリをもたらす演出が嬉しい。アクションRPGとしては非常に高い評価を受けており、また、音楽にも絶賛の声が多い。

第三位……と第四位はそれぞれ新作のシミュレーションゲーム『アイドルマスターSP パーフェクトサン(PSP)』と『アイドルマスターSP ミッシングムーン(PSP)』がランクイン。Xbox360にいわゆる「アイマス」旋風を巻き起こした、アイドル育成シミュレーションゲームのPSP版。仕様は基本的にXbox360版と同じだが、ファンに語らせるとやはり細かい部分で何かと気になるところがあるようだ。とはいえ、携帯ゲーム機でここまで再現してくれれば満足、という意見も多い。なお、第三位・第四位、そして第五位の『アイドルマスターSP ワンダリングスター(PSP)』はそれぞれシステムは同じで、収録キャラクタが違うだけの話。自分の好みのキャラがいる人は、間違えないようにしよう。

今回計測週ではトップの『スターオーシャン4 THE LAST HOPE』よりも、むしろ第三位-第五位までを独占した「PSP版アイマス」に注目が集まった、と表現してもよい。同じシステムでも収録キャラクタでこれだけ売上に違い(第三位と第五位では1万本強)が出ており、上位タイトルは「人気があるキャラクタが入っているのかな」と考えてしまう。……とか書くと、第五位のタイトルに収録されているキャラクタに魂を奪われた人がまとめ買いして、順位をかさ上げする、なんてことが起きたらどうしようかと思う今日この頃(笑)。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー