【更新】ケータイの メアドを変える その理由 一番多くは 「迷惑メールで」

2009/02/24 07:40

情報サイト「ブロッチ」などを展開するアイシェアは2009年2月23日、携帯電話のメールアドレスに関する調査の結果を発表した。それによると、調査母体の中で携帯電話のメールアドレスを変える理由の中でもっとも多いのは「迷惑メールが多いから」で、変えたことがある人の過半数が回答していることがわかった。フィルタなどを用いても防ぎきれない迷惑メールには、最終的に自分のメールアドレスを変えるという消極的な対処しか打てないと認識しているのだろうか([発表リリース])。

スポンサードリンク


今調査は2009年1月2日から1月5日の間、無料メール転送サービスCLUB BBQの登録会員に対して行われたもので、有効回答数は433人。男女比は50.6対49.4で、年齢階層比は20代9.9%、30代52.7%、40代29.8%、その他7.6%。

今や通話よりもメールでのやりとりのために使用することが圧倒的に多くなった携帯電話。そのような状況では電話番号以上に端末を特定し「つながる」ためには欠かせない電子メールアドレスだが、携帯電話ユーザーが任意に変更することもできる。しかし変更をすると、電話番号同様に「自分に連絡を取りたい人」に対しその変更を伝える必要があるため、「変更するのは面倒くさい」と考える人も多い。

それでは実際、どの程度の人がどのくらいの頻度で携帯電話のメールアドレスを変更するのだろうか。調査母体の中では「変えたことが無い」人が過半数、「2年以上変えない」とする人が4割近くに達し、ひんぱんに変更する人は1割にも満たなかった。

携帯のメールアドレスをどのくらいの頻度で変えますか?※携帯キャリア変更時のアドレス変更も含む
携帯のメールアドレスをどのくらいの頻度で変えますか?※携帯キャリア変更時のアドレス変更も含む

このようにグラフ化しても、ひんぱんに変える人はまとめて「その他」の部類に入るほど少ない。やはり色々と面倒なことは避けたい、というホンネがあるのだろう。

それではメールアドレスを変えたことがある人は、どうして変更したのか。複数回答で尋ねたところ、一番多い理由は「迷惑メールが多いから」だった。

携帯のメールアドレスを変えた理由
携帯のメールアドレスを変えた理由

全体・男性は過半数、女性でも半数近くは「迷惑メールが多いから」と回答している。

興味深いのは女性の場合、男性よりも「迷惑メール」以外での事由による変更理由が多いこと。それだけ携帯電話・携帯メールが身近にあり、変更することに迫られる・変更を日常茶飯事的なものと考えている人が多いということなのだろう。特に、(数が少数なので「ぶれ」が生じている可能性もあるが)「恋人と別れた」という項目では男性が回答者ゼロなのに、女性は4.3%もいるあたり、女性における「携帯電話の身近さ・生活への密着感」がうかがえる。

法令の整備やフィルタ精度の向上で、携帯電話の迷惑メールは相当減ったと断じてよい。しかしそれでも来る時にはまとめて来るもの。個々の利用者はいちいちフィルタ項目の追加で対抗するのも「シャク」であるし、いたちごっこにもなりかねないとあきらめ、消極的な対抗策である「メアド変更」をしているものと思われる。もう少し抜本的な解決策があれば、自分に非が無いのにも関わらず、面倒なメアド変更をしなければならない事態も減るのだが。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー