【転送】オバマ新大統領のように勝利を収める4つの秘けつ

2009/01/12 13:19

オバマ氏イメージ1月20日にアメリカ合衆国大統領としての就任式を迎える予定のバラク・オバマ氏(Barack Obama)。大統領予備選挙ではライバルとなったヒラリー・クリントン氏との間で当初劣勢が伝えられていたものの、いつの間にか逆転を果たし、さらには本選でも圧倒的な差で勝利を収めることになった。彼が「大統領の座を手中に収める」という目的を果たせた秘けつは何だったのか。【AskMen.com】では4つの視点から分析している。

スポンサードリンク


オバマ氏とインターネットイメージ1.先進技術を取り組んで活用せよ
オバマ氏は過去の大統領候補の中では類を見ないほどインターネットの力を存分に活用し、そのメリットを享受した。彼は数百万人もの人と「既知」になり、そして彼らとの親近感を得て選挙を有利に展開していった。しかしその効力を手に入れるには、単に新しい仕組みに触れるだけではなく、その中に飛び込んで一体化することが必要だ。

2.心の大きな人間を目指せ
オバマ氏の対立候補ジョン・マケイン氏が指名した副大統領候補、サラ・ペイリン氏の長女ブリストルが十代で妊娠しているという話が持ち上がった際、感想を求められたオバマ氏は何ら非難をすることなく「自分は母親が18歳の時に生まれたのですよ」と語り、特に政治的な材料として用いずに話を流した。仮にこの時何らかの否定的な意見を述べていれば、めぐり巡って自分自身にも同じレッテルが貼られていたかもしれない。

寛容であること、心が大きな態度を取る事は、時として得をしない場合もある。が、決して損をするわけではないことを心に留め置くとよい。

オバマ氏inスタジアムイメージ3.周囲環境をフルに活かし自分を大きく見せる演出を心がける
オバマ氏が自分の支援団体に向けた講演を開く時、単なる政治講演会ではなく、しばしば舞台の演出方法を利用した。スポーツスタジアムを借り切り、まるで歌手のコンサートかアメフトの有力選手のインタビューを一人一人にイメージさせるかのような場面を設定し、そこで講演することで、自分を彼らヒーローと同一視させることに成功した。演出は時として語る言葉以上に多くのメッセージを視聴者に投げかける、というわけだ。

4.自分より優れたものを傘下におさめよ
オバマ氏は自分のペア、すなわち副大統領候補としてジョセフ・バイデン氏を指名した。バイデン氏の政治家としての経歴や実績はオバマ氏が到底及ぶものではなく、また(だからこそ)その指名に異議を唱えるものもいなかった。オバマ氏は自分に不足しているものを、あえてその観点では自分に勝っているバイデン氏に求め、礼を尽く、助けを求めたのである。トップにいる人はすべてにおいて優れている必要は無く、優れている人からの支持を得ることが重要との考え方からだ。

今回例示された4つのポイントは個々の生き方について、というよりは経営者やグループなどにおけるリーダーとしての「あり方」の感、むしろ半ば「組織論」的な印象が強い。ただし「1」と「2」は特に他人の上に立つ人でなくとも必要であるし、対人関係を考えたら「3」も知っておいて損は無い(ただし一般人がスタジアムを借り切って講演する機会など滅多に無いが)。

これからオバマ氏が本当に「成功者」「勝利者」となるかどうかは、彼の手腕次第といえる。「大統領当選でゴール」では困るわけだ。期待に応えるだけの実績を残せるかどうか、彼の「4つの秘けつ」が大統領の座についてからも変わらずに実行され続けるか否かをチェックしながら、見ていきたいものである。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー