米粉ドーナツとエンゼルエッグ

2009/02/20 05:20

米粉ドーナツとエンゼルエッグイメージGarbage Shot」第百とんで三回。新ドメイン以降後初となる今回は、先に【たまごでドーナツなエンゼルエッグ、ミスタードーナツに登場】などでお伝えした、[ダスキン(4665)]が運営するドーナツショップ「ミスタードーナツ」が期間限定で販売を開始した「エンゼルエッグ」と、同じく【ついに全国展開! ミスドからもちもち米粉ドーナツ3種登場】で紹介した「米粉ドーナツ」の試食レポートを。実際、新ドメインへの移行が曲りなりもスタートできた(自分自身への)お祝いもかねて、ということで(まだハードルは沢山あるけど……)。

スポンサードリンク


まずは「米粉ドーナツ」について。こちらは上記参照記事にあるように、試験的な販売からスピーディーな全国展開がなされたことからも分かるように、結構人気が出ているらしいシリーズ。話題の米粉を使っているだけあって、興味を持つ人も多いのだろう。

米粉ドーナツ3種。草もち、あるいは羊かんが入っているような絵柄の紙容器に収められている
米粉ドーナツ3種。草もち、あるいは羊かんが入っているような絵柄の紙容器に収められている

米粉ドーナツ3種。草もち、あるいは羊かんが入っているような絵柄の紙容器に収められており、いかにも「お米で作ったお菓子ですよ」という感がある。和菓子そのもの!!

左から黒ごま、チョコあられ、きなこ
左から黒ごま、チョコあられ、きなこ

実際にそれぞれを口にしてみたが、これがまさに驚いた。同社の「ポン・デ・リング」の場合には「もちもち感」があれどまだ「ドーナツ」の方が主張が大きく、自分がドーナツを食べている実感がある。しかしこれら「米粉ドーナツ」はもはやドーナツの領域を超えた「もちもち感」と表現した方がよい。少々柔らかめのお餅をドーナツ状にしたような、まさに和風と洋風が一体化した独自の味わいがある。これを仮に目隠しして、形が分からないようにして口にしたら、やわらかめの磯辺焼き、と思ってしまうに違いない。

特に「きなこ」はもうほとんど「きなこ餅」そのもの。洋菓子が苦手な人でも、これなら食べられることだろう。一方で「黒ごま」は、生地そのもののもちもち感に、ごまの独特の歯ごたえ・ぷちぷち感が絶妙にマッチし、これまた素晴らしい和風テイストを演出してくれている。これもまた、緑茶に合いそうな一品。他方「チョコあられ」はコーティングされたチョコレートとあられの歯ざわりが、生地のもちもち感に新たなアクセントを与えてくれて、これもまた素敵な味わい。

いずれも見た目は洋菓子のドーナツだが、味的にはむしろ和菓子に近い。そんな気がする。孫に連れられてミスドにやってきたおじいちゃん・おばあちゃんも、この和風の味なら好んで食べられるはずだ(お餅のように伸びるわけではないので、のどにつまりやすいこともない)。

さて次に「エンゼルエッグ」、なのだが。購入したときには「ショコラストロベリー」と「ショコラカスター」しかなく、「ダブルショコラ」は品切れだった。お店の人曰く、結構なペースで売れており、補充が追いつかないとの事。残念だがあきらめて、在庫の2種類だけを購入。

「エンゼルエッグ」
「エンゼルエッグ」

「エンゼルエッグ」は一つ一つが卵の単体売りのような紙の容器に収められており、それを外すと下半分が見えてくる。残念ながら商品紹介の写真にあったような、卵のカラにはおさめられていない(笑)。サイズは高さが60ミリ・直径が50ミリほど。ホンモノの卵のLサイズか、それよりやや大きい程度。

「エンゼルエッグ」の中身
「エンゼルエッグ」の中身

先のリリース時の説明にあるように、本体部分はふわふわとした軽い食感の揚げシュー生地(実際にはややドーナツ生地っぽさが残る)の中にホイップクリームが収められている。そして上半分にはそれぞれキャラメルアーモンドやストロベリーチョコがコーティングされ、「卵のカラ」のような見た目を出している。

肝心の味わいだが、これがまた面白い。外装の薄手なコーティングチョコが「かりっ」という硬さを持ち、それを歯でかみ砕くと、さくっとふわふわとした本体部分の生地が口に入る。さらにそこからもう一段階奥に進むと、やんわりとした歯ごたえのホイップクリームが現れ、口の中に広がっていく。「固め」「柔らかめ」「柔らか」という三種類の歯ごたえがいちどきに口の中に広がるため、内部のクリームの甘さと共に意外感を演出し、「面白旨し」な楽しさが味わえる。サイズが少々小さめなので、ボリューム的にはやや物足りない面もあるが、子どもや女性には受けるタイプだろう。



今回取り上げた二種類の新商品は、いずれも「食べ応え」「食感」という観点で既存の商品とは違った雰囲気が感じられる。そして「米粉ドーナツ」が中堅層以上、「エンゼルエッグ」が子ども・女性と、いずれも主要ターゲットを見据えているあたり、なかなか面白い新商品シリーズのように見える。個人的にはとりわけ「米粉ドーナツ」に驚かされたが、多くの人が同じ感想を抱くに違いない。





……またお前らか。前の時には失敗したし、散々叱られただろうが。

ポン・デな仲間たち参上
ポン・デな仲間たち参上

やーめーてーぇぇぇぇぇぇぇ。お前らのモチモチとは違うんだからぁぁぁぁ。

米粉ドーナツなポン・デたち
米粉ドーナツなポン・デたち

……もちもち。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー