【更新】パソコンの 立ち上げ時間 待ち時間 どれだけかかると イライラしますか?!

2009/02/19 08:05

パソコンでいらいらイメージ情報サイト「ブロッチ」などを展開するアイシェアは2009年2月18日、パソコンの立ち上げ時間に関する調査の結果を発表した。それによると、調査母体の中では「パソコンの起動時間が40秒-1分かかるとイライラする」という回答がもっとも多く、2割強を占めていた。また、若年層よりも高齢者の方がいくぶん「短気」な傾向があるようだ([発表リリース])。

スポンサードリンク


今調査は2009年1月28日から2月2日の間、無料メール転送サービスCLUB BBQの登録会員に対して行われたもので、有効回答数は471人。男女比は49.5対50.5で、年齢階層比は20代12.1%、30代51.8%、40代27.6%、その他8.5%。

パソコンに電源を入れるのは何らかの必要があるからに他ならない。できればすぐにその「必要」な事柄に取り掛かりたいにも関わらず、スイッチを押してから利用できるまでの「立ち上がり時間」ほど、長く感じられるものは無い。パソコン自身のスペックや、インストールしてあるソフト、さらには接続している周辺機器など多種多様な要因で立ち上がり時間は違ってくるが、どれほどの長さの時間なら「我慢できる」のだろうか。言い換えれば、どれくらいの長さになると「イライラしてくる」のか。全体としての回答では「40秒-1分かかるとイライラする」という人がもっとも多く、21.1%を占めていた。

PC起動時間、どのくらいかかるとイライラしますか
PC起動時間、どのくらいかかるとイライラしますか

全体の傾向としては、「40秒くらいまでなら我慢できる」ものの、40秒を超えると突然「イライラする」人の割合が増加する。選択肢上の時間の区切り方次第という考え方もあるが、「40秒-1分」というラインがひとつの「イライラタイムゾーン」のようだ。もちろんストレスを感じる度合いは人それぞれで、「30秒も我慢できない」という人もいれば、「いくら時間がかかっても問題なし」という仙人のような人もいる。

パソコンでいらいらイメージ男女別ではさほど違いは見られなかったが、年齢階層別では比較的若い方が長時間の「起動時間」にも耐えられる傾向が見られる。ボリュームゾーンの「40秒-1分」で見ても、20代が10.7%しかいないのに、40代では22.6%に達している。「1分かかるのならイライラする」という区分で考えても、20代は16.1%・40代は33.0%。

年齢を減るほど「待つ」ということへの耐久力が落ちてくる(可能性がある)。中堅層-高齢者にも携帯電話がウケつつあるのは、「すぐにソフトが使える」という機動力の高さが一因なのかもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー