朝からカレー? いや、朝だからカレー! 『めざめるカラダ 朝カレー』登場

2009/02/19 08:01

めざめるカラダ 朝カレーイメージ【ハウス食品(2810)】は2009年1月19日、2月16日から『めざめるカラダ 朝カレー』の「野菜キーマ中辛」「中辛」の2種類を発売すると発表した。オープン価格。75グラム入りの袋が2つで1パッケージ(「発表リリース」)。

スポンサードリンク


めざめるカラダ 朝カレーイメージ朝食関係の調査結果からお分かりの通り、朝食は特に若年層において時間不足から「抜かれてしまう」ことが多い。しかしその一方、健康面から「朝食の大切さ」があらためて見直されているのも事実。

そこでハウス食品では、あのイチローもメジャーリーグ移籍以降8年間、毎日欠かさないと言われている事例などを挙げて「朝カレー」を提唱。今回、温かいごはんに「カレー自身は温めずに」そのままかけるだけで(短時間で準備でき、)食べられる『めざめるカラダ 朝カレー』を発売するに至った。

『めざめるカラダ 朝カレー』が朝食べるのにぴったりな理由について、リリースでは次のように説明している。

1)朝食に丁度よい茶碗1杯分(約150g)のあつあつごはんに、本製品を温めずにそのままかけるだけで、手軽に早くおいしく食べられます(1袋にカレー75g入り)。
 注:寒い時期など、温度が低い状態で本製品が保存された場合は、よりおいしくお召し上がりいただくため、本製品とごはんを温めていただくよう、おすすめしております。
(2)味覚が敏感といわれる朝にあわせ、スパイスや辛味を控え、植物油脂を使用した、“朝においしい味わい”です。
(3)朝に摂りたい素材(フルーツ・野菜・ヨーグルトなど)をバランスよく配合しました。

確かにカレーは準備する手間が最小限で済むのと共に、食べ易いのも事実。「重い」カレーだと「朝からどうかな?」という感もあるが、「スパイスや辛味を控え、植物油脂を使用した」という説明もあるので、そのあたりの心配もさほどなさそうだ。何より提唱されているように、短時間で準備でき食べられるのがありがたい(ご飯をあらかじめ炊いておけば、容器にご飯をよそって「朝カレー」の封を切ってかけるだけで、すぐに食べられる)。

「朝カレー」というライフスタイルがどこまで定着するのかは分からないが、「時間が無くて朝食抜き」状態から脱するための一つの方法論としては、面白いかもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー