15歳のおこづかい事情(最新)

2024/02/20 02:36

このエントリーをはてなブックマークに追加
2024-0217金融広報中央委員会「知るぽると」では毎年の「家計の金融行動に関する世論調査」以外に、5年おきに「子どものくらしとお金に関する調査」を実施し、子供の視線からのお金に関する意識の実態を調査・確認していた。その調査は新型コロナウイルスの流行による中断を経て事実上終了してしまったが、代わりに15歳(高校1年生)を対象にした「15歳のお金とくらしに関する知識・行動調査」が実施されることとなった。今回はその調査結果の中から、15歳のおこづかい事情についてチェックを入れてみることにする(【15歳のお金とくらしに関する知識・行動調査2023年調査結果】)。

スポンサードリンク


今調査は2023年6月15日-7月14日に日本全国の高校1年生に対してインターネット経由で行われたもので、有効回答数は3000人。直近の国勢調査の結果を基に、15歳の地域比率にあう形で割り付けを行っている。

まず示すのはおこづかいをもらっているか否か。全体では89.4%が何らかの形でおこづかいをもらっていると答えた。見方を変えれば15歳の1割強はおこづかいをもらっていないことになる。まったくゼロということも考えにくいので、必要なものは直接買ってもらったりしているのだろうか。

↑ おこづかいをもらってる人(2023年)
↑ おこづかいをもらってる人(2023年)

例えば毎月1000円などのように、定額制で定期的におこづかいをもらっている人は61.2%、学習用品や欲しい本があってお金が必要な時にもらっている人は25.9%、そしてお駄賃などとしておこづかいをもらっている人は2.3%となっている。

ちなみにグラフ化は略するが、今調査におけるおこづかいの平均月額(もらっている人限定)は平均が4787円、中央値・最頻値ともに5000円となっている。

それではそのおこづかいはどのような形で受け取っているのだろうか。現金のみとする人が87.7%と大多数を占める形となった。

↑ おこづかいをもらってる人の内訳(2023年)
↑ おこづかいをもらってる人の内訳(2023年)

一方で、お小遣いをキャッシュレス(調査票には「電子マネーなど現金以外」との説明がある)の形で受け取っている人は12.3%と1割を超えている。キャッシュレスのみの人は1.8%でしかないが、それでも昔ながらのおこづかいをイメージしている人には、驚く結果には違いない。電子マネーなら、保護者が利用状況を精査できる(かもしれない)のも利点として挙げられるだろうか。

最後に。いわゆるおこづかい帳をつけているか、つけているのならどのような様式なのかを尋ねた結果が次のグラフ。つけている人は2割足らずとなった。

↑ おこづかい帳をつけているか(2023年)
↑ おこづかい帳をつけているか(2023年)

おこづかい帳をつけていない人は8割強と多数派。紙などの専用の冊子を使っているのは9.4%、アプリやソフトを使っている人は5.8%など。

おこづかい帳をつけることで明確にお金の管理を行えるし、金銭感覚を磨くこともできる。お金の出し入れが目に見える形になれば、無駄遣いの原因も分かるだろう。社会人には必要不可欠な金銭感覚の修練にもなる。スマートフォンで子供向けのおこづかい帳アプリもあるし、あるいは単純な表計算ソフトを用いて打ちこむだけでも、随分と役に立つはずだ。おこづかい帳をつけていないのなら、是非ともつけるように・つけさせるようにしてほしいものである。


■参考記事:
【中学生は平均3621円…子供のこづかい額(最新)】
【小中学生への定額こづかいは平均で月額2160円】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2024 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS