新しい意味や使い方を持つ「引く」「盛る」「推し」使ったことある?(最新)

2023/11/26 02:32

このエントリーをはてなブックマークに追加
2023-1121環境の変化や何かの出来事をきっかけに、言葉が本来の意味とは別の意味を持つようになったり、違った使われ方をするようになることがある。それらの言葉はどれほどまでに使われるようになっているのだろうか。文化庁が2023年9月29日に発表した「国語に関する世論調査」の結果を基に、その実情を確認していく(【令和4年度「国語に関する世論調査」の結果について】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要綱は先行記事【言葉の意味や使い方が分からない時、調べたり確かめたりしてますか?(最新)】を参照のこと。

次に示すのは、既存の言葉を使った短い言い方で、新しい意味や使い方が辞書に記載されるようになった5つの言葉について、それを使うことがあるか否かを尋ねた結果。今回挙げた選択肢の中では「引く」がもっとも多くの人に使われており、70.0%が回答している。

↑ 使うことがある言葉か(ある人)(2023年)
↑ 使うことがある言葉か(ある人)(2023年)

「盛る」「寒い」「推し」も、普段からよく使われているように思う人も多いだろうが、実際には5割前後しか使っている人はいない。もっとも設問では単に「使うことがあるか否か」だけであって、使用シーンまでは問われていない。日常生活の中での雑談でなら使ったことがあっても、仕事でのやり取りでは使わないとの人も少なくないだろう。

一方、「詰んだ」は30.5%にとどまっている。元々使うシーンが他の言葉と比べると限定されているのと、フランクな雰囲気が強いため、日常会話以外では使えないとの判断をする人が多いものと思われる。

これを回答者の年齢階層別に見たのが次のグラフ。

↑ 使うことがある言葉か(ある人、年齢階層別)(2023年)
↑ 使うことがある言葉か(ある人、年齢階層別)(2023年)

今回取り上げた意味の言葉が、いずれも新しいものであることから、いずれもおおよそだが若年層ほど使った人が多く、年上に連れて少なくなっていく。先に「詰んだ」は16-19歳では82.3%もいるのに対し、70歳以上では7.4%しかいない。「寒い」の40代の値はおそらくイレギュラーだろう。

一方で(イレギュラーと思われる値をのぞけば)「寒い」「推し」「詰んだ」は16-19歳がもっとも高い値で、年齢とともに使う人の割合が減っていくのに対し、「引く」は30代、「盛る」は20代がピークとなっている。その言葉の意味から、使われる場面が学生ではあまり無いのだろうか。

これらの言葉は元々の意味から転じたものが多いため、文脈を読み取ればそれとなく理解できるものも多い。とはいえ、知っている人と知らない人の間でこの言葉が交わされると、意思の齟齬が生じることもあるだろう。いわゆる世代間ギャップのたぐいであり、使う際には注意するに越したことはない。


■関連記事:【30代でも新聞は1割も読んでいない…主要メディアの利用状況(最新)】
【「新聞って信頼できるよね」「正確だよね」はそれぞれ6割、ただし若者と高齢者の間には大きなギャップも】
【「そっこう」「めっちゃ」など新しい言葉達の浸透実情】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2024 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS