真夏日と猛暑日…株式市場雑感(23/06/19-23/06/23週)(週終値:3万2781円54銭)(最新)

2023/06/23 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■23/06/19:日経平均終値3万3370円42銭/109.7
本日の東京株式市場はほぼ下値での値動き。前営業日の米国市場が軟調だったことを背景に、寄り付きこそ買われたがすぐに失速した。その後為替の動きを受け、下げ幅は拡大していった。出来高は東証プライム市場のみで13億1368万株。前営業日比で日経平均株価は-1.00%、TOPIXは-0.43%、マザーズ指数は+2.65%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.58%となる。

スポンサードリンク


■23/06/20:日経平均終値3万3388円91銭/107.6
本日の東京株式市場はおおよそ安値圏での値動き。前日の米国市場はジューンティーンスの祝日で休場。欧州市場は軟調だったことや、中国の景気刺激策の無発表に失望する形で、寄り付きから大きく売られた。円安で底値が支えられていたが、次第に売りがかさみ、さらに下落したものの、引けにかけて買いが戻り、場のおわりにはプラスに転じた。出来高は東証プライム市場のみで13億1827万株。前営業日比で日経平均株価は+0.06%、TOPIXは-0.29%、マザーズ指数は+0.70%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.28%となる。


■23/06/21:日経平均終値3万3575円14銭/111.2
本日の東京株式市場は安値寄り付き次第高の流れ。前日の米国市場は利上げ再開への懸念の強まりから売られ軟調だったことを背景に、寄り付きは売りでスタート。米国の先物市場が上昇すると、それに従う形で東京株式市場もプラスに転じた。FRB議長の議会証言を前にポジション整理の売りが入ったが、下げは限定的だった。出来高は東証プライム市場のみで13億860万株。前営業日比で日経平均株価は+0.56%、TOPIXは+0.49%、マザーズ指数は+0.75%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.25%となる。


■23/06/22:日経平均終値3万3264円88銭/109.6
本日の東京株式市場はおおよそ安値圏での値動き。前日の米国市場はFRB議長の議会証言で追加利上げの再表明を嫌気されて軟調だったことを受け、寄り付きから売り込まれた。押し目買いもあり前場は前日終値をやや下回る程度の低空飛行だったが、後場に入ると売りが強くなり、失速する形となった。出来高は東証プライム市場のみで14億5273万株。前営業日比で日経平均株価は-0.92%、TOPIXは+0.06%、マザーズ指数は-2.25%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+-0.00%となる。


■23/06/23:日経平均終値3万2781円54銭/104.8
本日の東京株式市場は高値寄り付きの後に大幅安への流れ。前日の米国市場は小幅安だったが、FRB議長が年内2回追加利上げの可能性をことさらに強調したため、売り基調の雰囲気が強まった。また、月末にかけてのリバランスの売りによる売り圧力が強まった形で、じわりと前日終値マイナスとなっている。出来高は東証プライム市場のみで15億8845万株。前営業日比で日経平均株価は-1.45%、TOPIXは-1.38%、マザーズ指数は-1.77%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.10%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2024 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS