寒さの前ぶれ…株式市場雑感(23/01/16-23/01/20週)(週終値:2万6553円53銭)(最新)

2022/01/20 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■23/01/16:日経平均終値2万5822円32銭/89.4
本日の東京株式市場は大幅安の展開。為替が円高ドル安に進んだことで、輸出関連銘柄を中心に売り込まれた。出来高は東証プライム市場のみで11億4001万株。前営業日比で日経平均株価は-1.14%、TOPIXは-0.88%、マザーズ指数は-1.49%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.90%となる。

スポンサードリンク


■23/01/17:日経平均終値2万6138円68銭/95.5
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の米国市場は休場だったが欧州市場が堅調だったことで、その勢いを受けて買い基調の展開に。前日の下落の反動もあり、また為替の円高進行も小休止したことから、高値のままでの推移となった。出来高は東証プライム市場のみで10億6526万株。前営業日比で日経平均株価は+1.03%、TOPIXは+1.08%、マザーズ指数は+2.24%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-1.05%となる。


■23/01/18:日経平均終値2万6791円12銭/97.2
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前場は高値低空飛行の展開だったが、日銀の金融政策決定会合で金融政策の現状維持決定を受け、大きく円安が進行するとともに大きな買いが入り、大幅高となった。出来高は東証プライム市場のみで14億987万株。前営業日比で日経平均株価は+2.50%、TOPIXは+1.68%、マザーズ指数は+2.49%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+1.05%となる。


■23/01/19:日経平均終値2万6405円23銭/94.9
本日の東京株式市場は大幅安の展開。前日の米国市場の軟調さや、昨日の高値の反動から、寄り付きから大きく売り込まれた。為替が円高に振れたこともマイナス要因となっている。出来高は東証プライム市場のみで10億5460万株。前営業日比で日経平均株価は-1.44%、TOPIXは-1.00%、マザーズ指数は+0.68%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-2.05%となる。


■23/01/20:日経平均終値2万6553円53銭/96.9
本日の東京株式市場は安値寄り付き次第高の流れ。前日の米国市場の軟調さや景気後退感、さらには米連邦政府の債務上限問題などを受け、寄り付きは大きく売られた。その後は為替の円高化の一服感や前日の売り基調からの反動もあり、次第高の流れとなった。出来高は東証プライム市場のみで9億5227万株。前営業日比で日経平均株価は+0.56%、TOPIXは+0.72%、マザーズ指数は+1.20%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には前面だか。前営業日比は+1.41%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2024 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS