老夫婦の相手への思い、その実態(最新)

2022/09/17 02:52

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022-0911ソニー生命保険は2022年9月8日、シニア(50-79歳対象)に対する生活意識の調査結果を発表した。それによると調査対象母集団において、老後も配偶者と一緒に暮らしたいと思う男性は9割以上であることが明らかになった。一方で女性は8割足らずにとどまっている。(【シニアの生活意識調査2022】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事【シニアの今の楽しみ、旅行にテレビに映画にグルメ(最新)】を参照のこと。

次に示すのは調査対象母集団のうち配偶者がいる人に限定し、老後も配偶者と一緒に暮らしたいと思うかを尋ねた結果。調査対象母集団の年齢を考えるとすでに事実上老後の人もいるだろうが、その場合は今後を意味するのだろう。あるいは今現在暮らしたいと思うか否かで答えているのかもしれない。

↑ 老後も配偶者と一緒に暮らしたいと思うか(2022年)
↑ 老後も配偶者と一緒に暮らしたいと思うか(2022年)

シニアの大部分は老後も今の配偶者と一緒に暮らしたい、これからの生活を楽しみたいと考えているようだ。

ところが男女別に見ると、大きな違いが生じているのが確認できる。男性は一緒に暮らしたいと思う派(青系統色)が9割強で、強い肯定を意味する「非常にそう思う」も6割超え。ところが女性は一緒に暮らしたいと思う派は76.8%と8割にすら届いておらず、「非常にそう思う」も4割に届かない。

回答者が現在配偶者がいる人限定であることを考えると、「女性は男性よりも長生きするので、配偶者に先立たれていては一緒に暮らしたいと思うことすらかなわない」との理由はなさそうだ。となると、女性のシニアは男性よりも、配偶者に対して思い入れが冷ややかなものなのかもしれない。

その仮説を裏付ける形となる結果が出ているのが、次の設問。生まれ変わっても今の相手(配偶者)と結婚したいと思うかとのことだが、男性は7割強が肯定派なのに対し、女性は5割程度にとどまっている。表現の仕方を変えれば、生まれ変わっても今の相手(配偶者)と結婚したいと考えているシニアの女性は半分程度しかいない。

↑ 生まれ変わっても今の相手(配偶者)と結婚したいと思うか(2022年)
↑ 生まれ変わっても今の相手(配偶者)と結婚したいと思うか(2022年)

「非常にそう思う」も男性は33.2%だが女性は18.7%と2割にも届かない。強い否定を意味する「まったくそう思わない」も男性は8.5%と1割にすら達しないのに、女性は22.1%と2割を超えてしまう。

実情としてはケースバイケース、それぞれの夫婦の関係や思惑次第となるのだが、男性にとっては少々寂しい話に違いない。


■関連記事:
【シニアが抱く若年層の得意ごとと若年層が自覚しているもの、そのギャップの実情(最新)】
【年金生活をしているお年寄り世帯のお金のやりくり(家計調査報告(家計収支編))(最新)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS