梅雨はどこに…株式市場雑感(22/05/23-22/05/27週)(週終値:2万6781円68銭)

2022/05/27 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■22/05/23:日経平均終値2万7001円52銭/104.3
本日の東京株式市場はやや高値圏での値動き。値安感から幅広い銘柄が買われたものの、頭打ちの感は強く、いくぶんの高値圏での値動きとなった。出来高は東証プライム市場のみで10億9799万株。前営業日比で日経平均株価は+0.98%、TOPIXは+0.92%、マザーズ指数は+2.67%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.23%となる。

スポンサードリンク


■22/05/24:日経平均終値2万6748円14銭/92.8
本日の東京株式市場はおおよそ安値圏での値動き。前営業日の米国市場は高値を見せたが、寄り付き後に失速し、アジア市場の軟調さを反映する形で下げ幅が拡大することとなった。出来高は東証プライム市場のみで11億1351万株。前営業日比で日経平均株価は-0.94%、TOPIXは-0.86%、マザーズ指数は-3.16%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には全面安。前営業日比は-1.68%となる。


■22/05/25:日経平均終値2万6677円80銭/87.3
本日の東京株式市場はおおよそ安値圏での値動き。前日の米国市場では景気後退感の観測を反映する形でナスダックが軟調だった、特にIT関連銘柄に下落が生じたことを受け、寄り付きから売られた。その後、下げ幅を縮小する場面もあったが、再び売り込まれた。出来高は東証プライム市場のみで11億6492万株。前営業日比で日経平均株価は-0.26%、TOPIXは-0.09%、マザーズ指数は-2.54%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には全面安。前営業日比は-0.62%となる。


■22/05/26:日経平均終値2万6604円84銭/92.2
本日の東京株式市場は前場高値、後場安値の展開。前場はFOMCの議事要旨の内容から安心感が生まれて買われたものの、前場後半に入ると米先物が軟調化し、それに合わせて売り込まれた。円安進行やアジア市場の不調もあわせ、後場は売り基調に。出来高は東証プライム市場のみで10億8581万株。前営業日比で日経平均株価は-0.27%、TOPIXは+0.05%、マザーズ指数は+1.63%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.18%となる。


■22/05/27:日経平均終値2万6781円68銭/99.3
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の欧米市場の堅調さを背景に、寄り付きから大きく買われた。もっとも日経平均株価の節目となる2万7000円前後で売りが入り、上げ幅は縮小する形に。出来高は東証プライム市場のみで11億6839万株。前営業日比で日経平均株価は+0.66%、TOPIXは+0.52%、マザーズ指数は-0.33%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.17%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2024 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS