ジングルベル…株式市場雑感(21/12/20-21/12/24週)(週終値:2万8782円59銭)

2021/12/24 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■21/12/20:日経平均終値2万7937円81銭/75.5
本日の東京株式市場は大幅安の展開。金融緩和の縮退の動きが敬遠されたのと、新型コロナウイルスの変異株オミクロン株の動向への懸念が売りを誘う形となった。出来高は東証一部上場のみで11億4233万株。前営業日比で日経平均株価は-2.13%、TOPIXは-2.17%、マザーズ指数は-1.60%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.46%となる。

スポンサードリンク


■21/12/21:日経平均終値2万8517円59銭/77.1
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前日の大幅安の反動的な買いで寄り付いたが、その後は米国の先物の動きを受け、さらにアジア株の堅調さもあり、買い進められる形となった。出来高は東証一部上場のみで10億1566万株。前営業日比で日経平均株価は+2.08%、TOPIXは+1.47%、マザーズ指数は+1.77%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.69%となる。


■21/12/22:日経平均終値2万8562円21銭/78.7
本日の東京株式市場はほぼもみ合いの流れ。寄り付きは前日の米国市場の堅調さを受けて買われたが、その後は失速の形となり、前日終値付近でもみ合う展開となった。出来高は東証一部上場のみで8億7492万株。前営業日比で日経平均株価は+0.16%、TOPIXは+0.09%、マザーズ指数は+3.47%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.51%となる。


■21/12/23:日経平均終値2万8798円37銭/85.2
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の米国市場の堅調さや米国での新型コロナウイルス経口薬の緊急使用承認がポジティブな材料となった。出来高は東証一部上場のみで8億1350万株。前営業日比で日経平均株価は+0.83%、TOPIXは+0.91%、マザーズ指数は-0.35%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。1銘柄暴落し、前営業日比は-4.05%となる。


■21/12/24:日経平均終値2万8782円59銭/86.0
本日の東京株式市場は小幅な値動き。前日の米国市場は新型コロナウイルスの変異株オミクロン株への懸念後退などから高値をつけており、これを反映する形で買い基調となったか、薄商いのため小幅な値動きとなり、引けまでには安値に落ち込んだ。出来高は東証一部上場のみで7億4672万株。前営業日比で日経平均株価は-0.05%、TOPIXは-0.13%、マザーズ指数は+0.83%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.32%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2024 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS