小学生が考える「将来役に立つと思う教科」とは(最新)

2022/01/14 03:04

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021-1226小学校では多様な教科を学ぶことになるが、小学生側が選択しているわけではない。中には将来役に立つこともないであろうと考え、学ぶ目的意識が欠けた中で、押し付けられるような印象の中で学んでいるかもしれない。今回は学研教育総合研究所が公開している「小学生の日常生活・学習に関する調査」の結果から、小学生自身が考える「学校の授業で将来役に立つと思う教科」の実情について確認する(【白書シリーズWeb版】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事の【小学生の就寝時刻(最新)】を参照のこと。

次に示すのは学校の授業で将来役に立つと思う教科。択一回答形式なので、選択された教科以外がまったく役に立たないと思われているわけではない。

↑ 学校の授業で将来役に立つと思う教科(小学生)(2021年)
↑ 学校の授業で将来役に立つと思う教科(小学生)(2021年)

もっとも多くの小学生から将来役に立つと思われている教科は算数。32.2%と1/3近くの小学生が同意を示している。理数系を好まない子供が増えているとの嘆きの声を聞くこともあるが、少なくとも小学生側の認識では、役立つものと認められているようだ。ただし、同じ理数系の教科としての理科はわずか2.1%でしかないのが残念なところ。具体的に実生活で活用する場面をイメージし難いのだろうか。

算数に次いで多いのは国語で22.9%。毎日のように国語の勉強内容を活用する場に遭遇するのは容易に想像できることから、役立つと考えるのは当然だろう。国語をしっかりと学んでおけば、他人とのコミュニケーションで戸惑うこともなくなるかもしれない。

コミュニケーションという観点では外国語が第3位に入っているのも納得できる。外国語を知らないとその言葉を使う人と意思疎通はできず、書かれている文章も読めない。海外の製品に触れる場でも、操作方法や注意事項を確認できない。外国語を学んでおかないとそのような難儀を覚えてしまうので、将来役立つ教科に違いないと考えるのはごく普通のこと。

「総合的な学習」とは学習指導要領において2000年から段階的に始められた、子供達自身が自発的に総合的な課題学習を行う教科。学年区分や大学の講座のような選択制によるものがあるが、内容は多様におよぶ。小学生からは算数や国語、外国語に続くポジションで、将来役に立つと思われているようだ。

道徳や体育、理科、社会、図画工作などは5%未満。まったく役に立たないと思われているわけではないが、少なくとも一番役立つ教科ではないと判断されてしまっている。

他方、「無い」、つまり今学んでいる教科はすべて将来役に立たないと考えている小学生も6.0%いる。単に将来像がまだイメージできないのか、本当に将来役に立たない無駄な教科ばかりを学ばされていると考えているのか。

上位教科について属性別に確認したのが次のグラフ。

↑ 学校の授業で将来役に立つと思う教科(小学生、上位陣、属性別)(2021年)
↑ 学校の授業で将来役に立つと思う教科(小学生、上位陣、属性別)(2021年)

算数は女子よりも男子の方が多くの人から役立つと考えられている。学年別では傾向だった動きはない。国語は小学1年生と小学2年生で高めで、小学3年生から値が落ちるが、これは小学3年生以降に外国語が入るからだと思われる(現在の教育課程では小学3年生以降に外国語の授業が行われるため、小学1年生と小学2年生では回答値が無い)。

総合的な学習は小学校の低学年で支持が大きめ。他方、理科は小学1年生と小学2年生においては、授業が行われているにもかかわらず、回答はゼロとなっている。小学1年生と小学2年生時点での理科の授業の内容では、将来役立つものになるとのイメージが難しいのかもしれない。


■関連記事:
【小中学生の習い事、算数・数学がトップで2割強】
【小学生2.15時間、中学生2.31時間…増加傾向にある小中学生のテレビゲーム時間、そして学力テストとの関係は(最新)】
【国語算数理科社会、子供が得意な教科はどれだろうか(最新)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS