平均2万823円…小学生の最新お年玉実情(最新)

2021/12/25 02:58

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021-1224毎年この時期になると子供達が皮算用を始め、大人達がそろばん勘定で頭をかかえるのがお年玉について。世間一般として子供達はどれぐらいの額のお年玉をもらっているのだろうか。学研教育総合研究所が発表している白書シリーズから、小学生に関する最新のお年玉実情を確認していくことにする(【学習教育総合研究所】)。

スポンサードリンク


今調査は2021年8月27日から30日にかけて小学生の子供を持つ保護者の中から抽出した人を対象に、保護者付き添いのもとで小学生自身が回答するように依頼したもの。小学1-6年生各学年で男子100人と女子100人ずつとその保護者(計1200組)の回答が集まったところで調査を終了している。調査協力はクロス・マーケティング。

次に示すのは2021年の正月において、小学生がもらったお年玉の総額に関する実情。対象となる小学生がもらった額全体の平均額で、しかももらっていない人も合わせての計算となるので、具体的にこの属性の子供が一人の大人からどれぐらいの金額をもらっているかまでは分からない。

↑ 2021年のお正月にもらったお年玉の総額(小学生、円、属性別)
↑ 2021年のお正月にもらったお年玉の総額(小学生、円、属性別)

小学生全体のお年玉の平均総額は2万823円。男子より女子の方が1000円ほど多いのは、たまたまの偶然なのか、それとも女子の方がお年玉の金額決定の際にプラスとなる要素があるのだろうか。

学年別では一部イレギュラーがあるものの、おおよそ学年が上となるに連れて金額も上がる傾向がある。小学1年生では1万8146円だが、小学6年生となると2万4996円となり、7000円ほどの違いが生じる。お年玉を渡す側も、子供の年齢に併せて金額を上乗せするという配慮があるものと思われる。

一方、お年玉が一切なかった小学生も少なくない。

↑ 2021年のお正月にもらったお年玉の総額(小学生、無しの人の割合、属性別)
↑ 2021年のお正月にもらったお年玉の総額(小学生、無しの人の割合、属性別)

全体では9.0%と1割近くがお年玉をもらっていない。男女別では女子の方が多く、学年別では一部イレギュラーが生じているがおおよそ低学年ほど多い傾向がある。「お年玉が無い」についての具体的説明は白書では語られていないが、金銭以外の物品でもらった、親族などからのお年玉は直接保護者の手元に渡って管理されるために本人はもらったとの認識が無い、もらえなかった・もらう機会が無かったなど、多様な可能性が考えられる。

特に最後のもらえなかった・もらう機会が無かったについては、新型コロナウイルスの流行で他人との接触機会が極力避けられている実情をかんがみれば、十分ありうる話ではある。白書でもこの可能性について「2021年のお正月は新型コロナウイルスの感染が急速に拡大した時期でもあったことから、例年と比較して年末年始に親族で集まる機会が少なかった、保護者や親族の経済環境に変化があったなど、少なからず小学生のお年玉事情にもその影響が及んだ可能性がある」と説明している。新型コロナウイルスは子供のお年玉にも少なからぬ影響を与えているようではある。


■関連記事:
【親も子も気になるお年玉の平均額、その実態(2016年)(最新)】
【今年お年玉をもらえた人数は平均5.5人、「ゼロ」も2.0%】
【今年のお正月、お年玉あげた? 47.6%は「あげてない」】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS