小学生男子が将来つきたい職業、トップはプロサッカー選手とネット配信者(最新)

2022/01/13 03:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021-1225小学校という義務教育の教育機関に通うようになり、社会の仕組みのあれこれを学び、将来の自分の姿をイメージするようになる小学生。その小学生は将来どのような職業につきたいと考えているのだろうか。学研教育総合研究所が公開している「小学生の日常生活・学習に関する調査」の結果から、小学生男子の実情について確認する(【白書シリーズWeb版】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事の【小学生の就寝時刻(最新)】を参照のこと。

最初に示すのは小学生のうち男子に対し、将来つきたい職業を択一で尋ねたもの。上位陣を抽出している。

↑ 将来つきたい職業(小学生男子、上位陣)(2021年)
↑ 将来つきたい職業(小学生男子、上位陣)(2021年)

トップについたのは「プロサッカー選手」と「ネット配信者」が同率の5.3%。小学生男子の5.3%が将来はプロサッカー選手、同じく5.3%がYouTuberなどのネット配信者になりたいと思っている。次いで「警察官」が4.7%、「プロ野球選手」と「研究者」が3.7%。「eスポーツ・プロゲーマー」も1.8%おり、トップの「ネット配信者」と合わせ、インターネット系の新しい職業に憧れを抱く小学生男子が少なからずいることが見受けられる。

プロスポーツ選手や会社員、研究者などはよく聞く憧れの職業ではあるが、トップに「ネット配信者」が入るあたり、時代の流れを感じさせるものではある。それだけ小学生男子の目には、素晴らしい職業に見えているということだろうか。

次いでこれを各学年別に区分したのが次のグラフ。正確には各学年で4%以上の職業を抽出し、他の学年でも回答値が公開されていれば当てはめている。値は原則2%以上の公開なので、空欄部分は回答値が2%未満であることを意味する。

↑ 将来つきたい職業(小学生男子、各学年上位陣抜粋、学年別)(2021年)
↑ 将来つきたい職業(小学生男子、各学年上位陣抜粋、学年別)(2021年)

小学生男子全体ではトップの「プロサッカー選手」は小学4年生で突出した値が出ているが、どの学年でも一定した値は維持されている。「プロサッカー選手」は長年の人気職業で、今調査の過去の結果でも、一貫して人気が高いと調査結果報告書にも特記されている。

「ネット配信者」も同じようなパターン。ただし「ネット配信者」は小学4年生をピークとして、それ以降は高学年になると値が落ちるような傾向が生じている。それでも「ネット配信者」はすべての学年でトップ5に入っていることに違いはないが。この動きについて調査結果報告書では「新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて外に出る機会が減った小学生が多いこと」「「通信機器の利用目的・時間/日」の調査で最も割合が高いのが「動画の閲覧(学習以外の目的)」であったこと」などを理由に挙げている。要はネット配信者に触れる機会が増えた結果、憧れの対象になりやすくなったということだろう。

他方「警察官」は小学4年生以下でしか値が出ていない(小学5年生や小学6年生では回答者がゼロ人か、回答値が2%未満)。逆に「会社員」は小学5年生や小学6年生で高い値が出ている(両学年でトップ)。安全志向が強まるということなのか。

なお前年の調査結果報告書で指摘されていたが、将来つきたい職業に対し「分からない」とする回答は、おおよそ学年が上になるに連れて増える傾向がある。

↑ 将来つきたい職業(小学生男子、「分からない」)(2021年)
↑ 将来つきたい職業(小学生男子、「分からない」)(2021年)

調査結果報告書ではこの傾向について「好きなもの・得意なことを見つけて将来の夢を描く子がいる一方で、高学年になるにつれ、自身が何をやりたいのか、迷い出す子が増えるようだ」と解説していた。恐らくは今年分でも同じ解釈だろう。社会のあれこれを知るようになり、選択肢が増えてどの職業を選ぶべきか迷ってしまうのかもしれない。


■関連記事:
【なんでだろう? 「将来つきたい職業がある」高校生が減少傾向に】
【小学生が将来就きたい職業、男の子は「野球選手」・女の子は「料理人」。それでは親の願いは?】
【小学生や中学生の数の推移(最新)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS