熱中症対策必須…株式市場雑感(21/06/14-21/06/18週)(週終値:2万8964円08銭)(最新)

2021/06/18 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■21/06/14:日経平均終値2万9161円80銭/93.7
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前営業日の米国市場が高値だったのを受け、寄り付きから買い進まれた。一時的に売り圧力に押されて失速する場面もあったが持ち直し、再び買われる形となった。出来高は東証一部上場のみで8億5423万株。前営業日比で日経平均株価は+0.74%、TOPIXは+0.29%、マザーズ指数は+1.38%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.24%となる。

スポンサードリンク


■21/06/15:日経平均終値2万9441円30銭/101.8
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日の米国市場はやや軟調で、FOMC前の警戒感もあったが、ナスダック市場の堅調さを受けてIT関連銘柄を中心に買われた。出来高は東証一部上場のみで9億7279万株。前営業日比で日経平均株価は+0.96%、TOPIXは+0.80%、マザーズ指数は+0.49%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+3.36%となる。


■21/06/16:日経平均終値2万9291円01銭/111.5
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場が軟調だったのに加え、経済指標の結果が警戒され、売り優勢の相場展開となった。アジア市場の軟調さも拍車をかける形に。出来高は東証一部上場のみで10億2848万株。前営業日比で日経平均株価は-0.51%、TOPIXは+0.02%、マザーズ指数は-0.13%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は-0.80%となる。


■21/06/17:日経平均終値2万9018円33銭/112.1
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場がFOMCの結果を受けて軟調だったのに加え、長期金利が急伸したこともあり、売り優勢の相場展開となった。アジア市場が堅調だったのが底堅さの要因となり、下げ幅は限定的なものにとどまる戻しの動きも見せた。出来高は東証一部上場のみで9億9759万株。前営業日比で日経平均株価は-0.93%、TOPIXは-0.62%、マザーズ指数は-1.69%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+0.61%となる。


■21/06/18:日経平均終値2万8964円08銭/102.0
本日の東京株式市場は前場高値、後場に失速の流れ。寄り付きは前日の米国市場の堅調さを受けて買い優勢となったが、後場に入ると売り優勢に転じた。日銀の金融政策決定会合の結果は想定の範囲内で市場動向には大きな影響は与えなかったようだ。出来高は東証一部上場のみで15億1255万株。前営業日比で日経平均株価は-0.19%、TOPIXは-0.87%、マザーズ指数は-0.46%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+2.78%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS