長期金利に揺さぶられ…株式市場雑感(21/03/01-21/03/05週)(週終値:2万8864円32銭)

2021/03/05 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■20/03/01:日経平均終値2万9663円50銭/107.3
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前営業日の米国市場は大幅安の展開だったが、長期金利の上がり方に歯止めがかかったことや、ここ数日の急落からの反動もあり、大きく買われた形となった。出来高は12億5001万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+2.41%、TOPIXは+2.04%、マザーズ指数は+0.28%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.14%となる。

スポンサードリンク


■20/03/02:日経平均終値2万9408円17銭/107.8
本日の東京株式市場は高値寄り付きの後次第安の展開。寄り付きは買い優勢で始まったものの、米国先物市場の下落を背景に売り込まれ、後場はずっと売り基調の展開となった。出来高は12億9267万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.86%、TOPIXは-0.40%、マザーズ指数は+0.41%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.87%となる。


■20/03/03:日経平均終値2万9559円10銭/106.9
本日の東京株式市場はおおよそやや高値圏での値動き。特段の材料もなく一時はマイナス圏に沈んだが、景況感に敏感な銘柄の一部がけん引する形でやや高の展開となった。出来高は12億0650万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.51%、TOPIXは+0.51%、マザーズ指数は-2.03%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は+0.58%となる。


■20/03/04:日経平均終値2万8930円11銭/106.6
本日の東京株式市場は大幅安の展開。前日の米国市場の安値や長期金利の上昇警戒を背景に寄り付きから大きく売り込まれた。アジア市場の安値も拍車をかける形となった。出来高は12億8561万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-2.13%、TOPIXは-1.04%、マザーズ指数は-2.16%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.09%となる。


■20/03/05:日経平均終値2万8864円32銭/107.13
本日の東京株式市場は大幅安から戻しの展開。FRB議長の発言をトリガーとして長期金利の急上昇が起き、これが株売りの機運をたきつける形となった。引けにかけてアジア市場の堅調さを受け買戻しが入ったようで、下げ幅は縮小する動きに。出来高は14億3043万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.23%、TOPIXは+0.61%、マザーズ指数は-0.33%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.34%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS