「レアアイテムやレアキャラを手に入れた時は誇らしい気持ちになる」34.4%(最新)

2021/01/19 05:30

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021-0117若年層を中心に昨今流行のゲームの大半は、課金機能を前提としたビジネスモデルとなっている。無料で遊ぶことも可能だが、何らかの特典や優位性を得るためには課金が必要になるというものだ。入場は無料だがお土産などの商品を手に入れたり遊具で遊ぶのには利用料金が必要な遊園地と同じもので、無料で遊ぶつもりでも周囲の雰囲気に惑わされるなどでついつい課金をしてしまう。今回はSMBCコンシューマーファイナンスが2021年1月14日に発表した調査結果から、20代におけるゲーム課金に対する意識の実情を確認していく(【発表リリース:20代の金銭感覚についての意識調査2021】)。

スポンサードリンク


今調査は2020年11月6日から9日にかけて、携帯電話を用いたインターネット経由で20代男女に対して行われたもので、有効回答数は1000件。男女・20代前半と後半の区切りで均等割り当て。未婚者783人、既婚者217人。調査協力機関はネットエイジア。

次に示すのはゲーム、中でも主に課金についての話に対し、同意するか否かを二択で尋ね、同意した人の割合を示したもの。例えば「課金しててもゲームを有利に進めたい」は全体で13.0%なので、20代の13.0%は、課金の程度はともあれ課金をしてでもゲームを有利に進めたいと考えている、その話に同意していることになる。なお今設問におけるゲームは特に指定されていないので、スマートフォンのゲームアプリとは限らない。

↑ ゲームに関する話についてそう思うか(20代、思う人の割合、男女別)(2020年)
↑ ゲームに関する話についてそう思うか(20代、思う人の割合、男女別)(2020年)

すべての項目について女性よりも男性の方が値は高い。つまり男性の方が今件の話、おおよそゲームの課金については肯定的であることが分かる。むしろその類のゲームでよく遊んでいる、課金をするほど熱中しているという表現の方が適切かもしれない。

「課金してでもゲームを有利に進めたい」は全体で13.0%、「お金を使わないと楽しく遊べない」は14.9%。値に大きな違いは無く、設問の内容的にも似ている部分が多い。「課金してゲームを有利に進めてこそ楽しく遊べる」とすれば、1つにまとめることが可能となる。もちろんゲームの内容によりけりだが、課金をして初めてまともな展開が楽しめる、無料プレイ部分は事実上サンプルプレイに近いものも無いとはいえない。

最近のスマートフォンでのアプリゲームでよく見かける、イベントに登場する特別なアイテムやキャラ(クタ)は課金をしないと手に入らない仕組みの上で、そのアイテムやキャラを手に入れるためならいくらでも貢げる、もとい使えるという人は15.0%。ソーシャルメディアで多数の使用済みプリペイドカードの投入実績とともに手に入れたキャラの写真をアップする人を多々見ると、惜しみたくないという心境も分かる気がする。

そしてそのレアアイテム・キャラを手に入れた時に、誇らしい気持ちになる(そして多分そこには自慢したくなるという意味合いも含まれているのだろう)人は34.4%。設問では「課金をして」とは書かれていないが、多くの場合は課金をしないとその類のものは手に入らない仕組みになっているのが実情だ。

ゲームの課金はそのゲームのビジネスモデルであり、法的に問題が無い限りは何の咎めも受けることはない。また、時間や手間がかかる作業を課金で短縮・省略できるのならば合理的だとの考えも正当性がある。他方、射幸心のあおり方次第ではギャンブルと何ら変わらないとの見方もできる。

賛否はケースバイケースではあるが、ともかく現状では20代のゲームの課金に関する思いの実情はこのレベルであることは、20代の人自身はもちろん、他の世代の人も認識しておくべきだろう。


■関連記事:
【課金要素を持つゲーム、8割の保護者が「高校生でもダメ」…ゲーム要素と許可の関係】
【スマホ保有者の3割は有料ゲームアプリ購入経験あり、ゲームアプリのアプリ内課金は1/3超】
【ソーシャルゲームの課金経験は四人に一人、平均額は1300円/月】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS