あおり運転対策としてのドライブレコーダーについてグラフ化してみる(最新)

2020/12/18 05:26

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-1226最近の交通事情で高齢者の事故とともによく見聞きするのが、あおり運転。【JAFの解説ページ】によるとあおり運転を「妨害運転」と定義した上で、「他の車両等の通行を妨害する目的で、一定の違反を行った場合」とし、その具体的なものとして「通行区分違反」「急ブレーキ禁止違反」「車間距離不保持」「進路変更禁止違反」「追越し違反」「減光等義務違反」「警音器使用制限違反」「安全運転義務違反」「最低速度違反(高速自動車国道)」「高速自動車国道等駐停車違反」の10類型の違反行為を挙げている。今回はソニー損害保険が2020年12月14日付で発表した、カーライフの実態に関する調査結果の最新版となる2020年版を基に、あおり運転対策としてのドライブレコーダーについて見ていくことにする。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事【車の負担、もっとも重く感じられるのは自動車税(最新)】を参照のこと。

今調査対象母集団においては、あおり運転(をされること)の対策として効果があると思うものの最上位にはドライブレコーダーの設置がついた。実に72.6%の人が同意している。

↑ あおり運転の対策として効果があると思うもの(複数回答)(2020年)
↑ あおり運転の対策として効果があると思うもの(複数回答)(2020年)

ドライブレコーダーは外部から見えるように(存在を示すシールを貼るなども含む)しない限り、直接あおり運転の被害を防ぐ対策とは成り得ない。万一あおり運転を受けて事故や事件が生じた時に、自分の過失がないことを証明するための物的証拠とする、保険のようなものである。交通事故は第三者による確実な証言や物的証拠がない限り、得てして当事者間の水かけ論となるからだ。

それではそのドライブレコーダーを実際に付けている人において、どのような点を重視して選んだのかを複数回答で尋ねた結果が次のグラフ。

↑ ドライブレコーダー選択時に重視した点(自分が運転する車にドライブレコーダーを付けている人限定、複数回答)(2020年)
↑ ドライブレコーダー選択時に重視した点(自分が運転する車にドライブレコーダーを付けている人限定、複数回答)(2020年)

トップは画質のよさを求めたもので46.7%。次いで前方だけでなく後方も合わせた映像を記録可能、さらに夜間でも映像が記録可能、そして全方位の映像が記録可能とするものが続く。

あおり運転はもちろんだが、それ以外の原因による交通事故の際にも、自分の責任度合いを明確にする上では欠かせない証拠をとなるに違いないドライブレコーダーには、できるだけ多くの可能性に対応してほしいものである。例えば横から他車が突っ込んできた場合、前方しか記録できないドライブレコーダーだと、事故の原因が追及できかねない状態となるかもしれない。

一つ気になったのはフレームレートが高いとする選択肢の回答率が6.0%しかないこと。実際に記録された映像を分析する際には、映像そのものはもちろんだが、それを構成する静止画の分析も非常に重要になる。フレームレートが低い映像では、肝心の部分が記録として残っていない可能性もありうる(極論だが1秒1コマのフレームレートだった場合、コマとコマの間に決定的な瞬間が生じていたら、映像記録には残っていないかもしれない)。

昨今ではそれこそ数千円から手に入るようになったドライブレコーダーだが、自分の証言の確かさを保証してくれる保険のようなものである以上、廉価で適当なもので妥協することなく、十分な性能を備えたものの選択をお勧めする。


■関連記事:
【自動ブレーキとドライブレコーダーの搭載実情をグラフ化してみる(最新)】
【ハイブリッド自動車とドライブレコーダー、自動車業界のトレンドの実情をグラフ化してみる(最新)】
【あおり運転の恐怖と対応策事情、ドライブレコーダーが最適解との認識は7割強(最新)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS