小学生が利用している学習サービスの実情をグラフ化してみる(最新)

2020/12/29 05:45

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-1215学校での勉強の補習的な意味で、あるいはさらに先んじて学んだり、受験に備えるために、学校とは別の機会で学ぶサービスは多々用意されている。小学生はそのサービスをどこまで利用しているだろうか。今回は学研教育総合研究所が公開している「小学生の日常生活・学習に関する調査」の結果から、小学生における学習サービスの利用実情を確認していく(【白書シリーズWeb版】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事の【小学生の就寝時刻の実情をグラフ化してみる(最新)】を参照のこと。

最初に示すのは小学生における学習サービスの利用状況。これには水泳やサッカーのような運動系のものは含まれない。また学習塾は学校の授業の補習的な立ち位置のもの、進学塾は中学受験に備えたもの、そして英会話は会話中心の英語塾を意味する。

↑ 利用している学習サービスは(小学生、複数回答)(2019年)
↑ 利用している学習サービスは(小学生、複数回答)(2019年)

通信教育がトップで31.1%、次いで大きく値は落ちるが学習塾の15.2%、英会話の10.0%。中学受験のための進学塾は6.3%でしかない。家庭教師は0.8%に留まっている。またこの類の学習サービスは何も利用していないという小学生も44.9%いる。1.3%の「その他」は報告書に特段の説明はないが、そろばん塾や習字などだろう。

これについて属性別に「無し」を除いた形で値の実情を確認したのが次のグラフ。

↑ 利用している学習サービスは(小学生、複数回答、属性別)(2019年)
↑ 利用している学習サービスは(小学生、複数回答、属性別)(2019年)

通信教育は女子の方が利用している人が多く、逆に学習塾や英会話、進学塾は男子の方が利用している人が多い。行き帰りにおけるリスクを鑑みての保護者の配慮だろうか。他方、進学塾は当然ながら学年が上の方になるに連れて値が高くなり、小学6年生では15.0%が利用している。

学校外学習というと学習塾や進学塾のイメージが大きいが、小学生においては通信教育の方が利用者が多い。中学受験を控えている人も多々いるであろう小学6年生ですら、通信教育を利用している人の方が多い。意外といえば意外ではある。

一方で、これらの学習サービスを一切利用していない人の実情は次の通り。属性区分をもう少し細かくしている。

↑ 利用している学習サービスは無い(小学生、属性別)(2019年)
↑ 利用している学習サービスは無い(小学生、属性別)(2019年)

進学塾の影響からなのか、高学年でやや低めの動きも見られ、小学4年生でイレギュラーな値も出ているものの、特段傾向だったものは見出しにくい。小学生の大体4割強から5割ぐらいは、学習サービスを利用していないようだ。


■関連記事:
【公立中3、私立は小6がピーク…塾費用などの補助学習費をグラフ化してみる(最新)】
【相場はおいくら? 高校生までの家庭教師や学習塾の年間支払額をグラフ化してみる(最新)】
【40年あまりにわたる学習塾の月謝推移をグラフ化してみる(最新)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS