小学生が好きなスポーツ、トップは水泳

2020/12/20 05:37

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-1210単純に体を動かすだけでも楽しい、運動になるものだが、何らかのルールを設定しその中で体を動かし競い合うスポーツは、やる気をかき立てるものとなる。小学生はどのようなスポーツをプレーするのが楽しいと考えているのか。学研教育総合研究所が公開している「小学生の日常生活・学習に関する調査」の結果から、その実情を確認する(【白書シリーズWeb版】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事の【小学生の就寝時刻の実情】を参照のこと。

次に示すのは小学生においてプレーするのが好きなスポーツや遊びを3つまでの複数回答で答えてもらったもの。「無し」とする意見も19.5%ある一方、具体的には水泳がもっとも多く25.8%を示す形となった。

↑ プレーするのが好きなスポーツ・遊びは(小学生、3つまでの複数回答、習い事含む)(2019年)
↑ プレーするのが好きなスポーツ・遊びは(小学生、3つまでの複数回答、習い事含む)(2019年)

もっとも多くの子供が挙げた水泳は、幼い時の体力作りや全身運動として有名なだけでなく、学校の授業でも行われていること、学習塾同様に子供達同士のコミュニティ的なものとなっているのもあるのだろう。

続いてかけっこが19.2%、ドッジボールが17.5%、なわとびが16.6%、サッカー・フットサルが16.5%と続く。サッカー・フットサルはともかく、他のスポーツ・遊びは小学校での休み時間や昼休みに校庭で遊ばれていそうなものに違いない。

これを属性別に見たのが次のグラフ。

↑ プレーするのが好きなスポーツ・遊びは(小学生、3つまでの複数回答、習い事含む、上位陣、属性別)(2019年)
↑ プレーするのが好きなスポーツ・遊びは(小学生、3つまでの複数回答、習い事含む、上位陣、属性別)(2019年)

水泳は男女別では女子の方が人気は高い。また年齢階層別では小学3年生をピークとして、それ以降は学年が上になるに連れて値は下がっていく。かけっこは男子の方が高く、小学2年生がピークでそれ以降は値が下がる。小学6年生では10.0%にまで落ちる。

ドッジボールはかけっこ以上に男女別では男子の方が高い値を示す。学年別では小学3-4年生がピークでそれ以降は下がる。サッカー・フットサルは上位陣の中では一番男女差が大きい。女子は好きな人が3.0%しかいないが、男子は30.0%と10倍におよぶ。逆に縄跳びは男子が6.8%なのに対し女子は26.3%。

上位陣の属性別動向はおおよそ個々のスポーツ・遊びのイメージ通りの感はある。特に男女における好きなものの違いは、まさにその通りというところだろう。


■関連記事:
【そろばんやスポーツ、外国語会話など…高校生までの学校外活動費動向】
【外遊び、小学生で卒業か? 高校8割「外では遊ばず」】
【子供会やボーイスカウト、野球チームなどの地域の団体に、子供達はどれぐらい参加しているのだろうか(最新)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS