小学生が好きな食べ物、トップはお寿司

2020/12/16 05:17

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-1210食べ物の好き嫌いは個性の問題だが、子供の頃は自分の好き嫌いを容易に行動に移しやすい。好きなものはそれこそ病みつきになるように食べ続けるし、機会があればそのたびに求めて来るもの。今回は学研教育総合研究所が公開している「小学生の日常生活・学習に関する調査」の結果から、小学生が好きな食べ物の実情について確認していく(【白書シリーズWeb版】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事の【小学生の就寝時刻の実情をグラフ化してみる(最新)】を参照のこと。

次に示すのは好きな食べ物について複数回答で答えてもらった結果。質問票が公開されていないので推測でしかないが、スイーツなどの菓子類や飲み物が入っていないのは、食べ物に限定してそれらを除外していた、あるいは初めからこれらの選択肢のみが提示されていたからだと考えられる。

↑ 好きな食べ物(小学生、複数回答)(2019年)
↑ 好きな食べ物(小学生、複数回答)(2019年)

トップについたのはお寿司で40.8%が好きだと答えている。他の食べ物から群を抜く値で、よほど好かれているものだと実感させられる。次いでフライドチキン・唐揚げが25.2%、ラーメンが24.2%、ポテトフライが23.8%、カレーライスが21.9%、焼き肉が21.8%で、ここまでが2割超え。ファストフードやジャンクフード系のものが上位についている。

例えば煮物や混ぜご飯のような和食的なものはあまり上位に挙がっておらず、さらに名前すら出ていないものも多々ある。和食に該当するものと言えば刺身、うどん、卵焼き、そば、焼き魚、天ぷらぐらいだろうか。それ故にトップのお寿司が余計に目立つ感はある。

上位陣について属性別に見たのが次のグラフ。

↑ 好きな食べ物(小学生、複数回答、属性別、上位陣)(2019年)
↑ 好きな食べ物(小学生、複数回答、属性別、上位陣)(2019年)

どの属性でもお寿司は断トツに好かれているのが分かる。小学3年生でイレギュラーが生じているが、学年が上になるに連れてより多くの人がお寿司を好きになっているようだ。

カレーライスは男子の方が好きな人は多いが、ポテトフライは逆に女子の方が多い。脂っこい物、こってり感のある食べ物は男子の方が好むようなイメージがあるだけに、意外な感はある。スナック感覚で食べられるからだろうか。

無論これらの食べ物だけでは栄養のバランスを取るのは難しい。好きなものを食べてもらいたいし、一方で偏った食生活は体に悪影響を及ぼしかねない。食事を作る側からは頭の痛い話には違いない。


■関連記事:
【落ち着ける、好きなものを食べられる、そして何より…「ひとり外食」の魅力は?】
【子供のお弁当のおかず、良く入れているもの・子供が好きなもの】
【小中学生が学校給食で好きなメニューをグラフ化してみる】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS