リモート飲み会をした人2割強、おつまみは手作り料理やスナック菓子

2020/12/16 05:15

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-1208マルハニチロは2020年12月2日、今年の食生活に関する調査の結果を発表した。それによると調査対象母集団のうち20歳以上の人においては、2020年中にリモート飲み会をした経験がある人は2割強であることが分かった。20代に限れば3割強の人がしている。またリモート飲み会でのおつまみとして用いられたものは手作り料理がもっとも多く、次いでスナック菓子、スーパーの総菜が続いている(【今年の食生活に関する調査2020】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要項は先行記事【何かをしながら食事をする人は63.9%(最新)】を参照のこと。

新型コロナウイルスの流行でいわゆる三密が避けられるようになり、リモートワークが進むとともに複数人数が集まっての飲み会も敬遠されるようになった。そこで普段の飲み会の代わりに提案されたものがリモート飲み会なるもの(オンライン飲み会とも呼ばれている)。要は業務などで使われるビデオチャットをそのまま飲み会でも使うもので、個々の参加者は自宅でお酒をたしなみながらビデオチャットで他人との対話を楽しむことになる。お酒のお酌やおつまみの融通などは不可能だが、少なくともリアルタイムで他人とのコミュニケーションをしながらお酒をたしなむことはできる。

そこでこのリモート飲み会をしたか否かについて、調査対象母集団のうち20歳以上の人に尋ねた結果が次のグラフ。22.1%が2020年中にリモート飲み会をしたことがあると答えた。

↑ 今年リモート飲み会をしたか(年齢階層別)(2020年)
↑ 今年リモート飲み会をしたか(年齢階層別)(2020年)

年齢階層別では大体若年層ほど高い値を示し、20代では31.5%と3割を超えている。新しい様式を試す行動力があるからなのか、デジタル化への忌避感が少ないからなのか、単に環境が整備されているからなのか。

それではリモート飲み会をした時に、どのようなおつまみを用意したのか。した人限定で尋ねたところ、もっとも多い回答は「手作り料理」だった。24.3%の人が用意したと答えている。

↑ リモート飲み会の際に用意したおつまみ(複数回答、リモート飲み会をした人限定、上位陣)(2020年)
↑ リモート飲み会の際に用意したおつまみ(複数回答、リモート飲み会をした人限定、上位陣)(2020年)

単なる飲みだけならお酒だけでおつまみまでは必要無いとの意見もあるかもしれないが、リモートでも飲み会である以上、口にするものもあった方が格好がつく。むしろおつまみの方が主役だ、楽しみだという人もいる。また、中にはおつまみをさり気なく他人に披露して話のネタにする、さらには自慢する人もいるに違いない。その観点では自分の手作り料理はもっとも適したおつまみに違いない。そして普通の居酒屋での飲み会では口にできないとの観点でも優れたおつまみではある。

続いてスナック菓子をおつまみにした人は19.8%。普段自宅で飲む場合、さらに飲まなくても間食として食べる時には欠かせない存在という人も多分にいるはず。一方でスーパーの総菜という人も19.2%おり、こちらは間食というよりは食事のようなポジション付けをリモート飲み会に位置付けている感はある。テイクアウト料理やコンビニの総菜、さらにデリバリー料理もまた同様。中には刺身という意見もあるのには少々驚くが。

これを年齢階層別にみたのが次のグラフ。なお刺身とインスタント食品の50代は回答者がゼロのため、グラフ上では空欄となっている。

↑ リモート飲み会の際に用意したおつまみ(複数回答、リモート飲み会をした人限定、上位陣、年齢階層別)(2020年)
↑ リモート飲み会の際に用意したおつまみ(複数回答、リモート飲み会をした人限定、上位陣、年齢階層別)(2020年)

意外にも20代では手作り料理やスナック菓子、スーパーの総菜よりもおつまみ用珍味の方が人気で、1/4強がおつまみとして用意している。自前で料理をするのは面倒だとの考えからだろうか。30代では手作り料理とスナック菓子が同率でトップ、次いでテイクアウト料理が続いている。40代になると手作り料理とともにスーパーの総菜がトップとなり、次いでスナック菓子、コンビニの総菜。50代では手作り料理に続きテイクアウト料理が入ってくる。

回答数が比較的少数のため統計的なぶれが生じている可能性は否定できないが(例えば40代ではリモート飲み会をした人、つまりリモート飲み会でのおつまみについて回答をした人は30人のみとなっている)、年齢によるリモート飲み会の位置づけ(あくまでも飲み会と見なすのか、食事を兼ねた酒飲みとするのか)や、普段の食事の傾向が透けて見えてくるようで、興味深い動きではある。


■関連記事:
【忘年会、雰囲気楽しむ女性陣・男性「とにかく飲み食い出来れば」】
【20代の「離れ」自覚と「お金をかけたい」対象の実情】
【過去6年間で最低を記録……職場での飲み会は月平均1.5回、平均予算は約4500円】
【上司との飲み会、必要ですか? 肯定5割、否定は3割近く】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS