健康食品を摂取している人の実情をグラフ化してみる(最新)

2020/11/17 05:08

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-1105錠剤やカプセル、さらには粉末、液状などに加工された、健康の維持・増進に役立つといわれる成分を含む加工食品を健康食品と呼んでいる。最近では薬局だけでなくコンビニやスーパーなどでも気軽に手に入るようになり、一般の食品と変わらない感覚で購入し、利用している人も多いことだろう。今回は厚生労働省が2020年10月27日に発表した「令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要」の結果から、健康食品を摂取している人の実情を確認していくことにする(【国民健康・栄養調査】)。

スポンサードリンク


今調査の調査要件は先行記事【一日の平均歩数は男性6794歩・女性5942歩(最新)】を参照のこと。

最初に示すのは健康食品を食べたり飲んだりしているかについて。一度でも飲食の経験があるかではなく、日常的に摂取しているかを尋ねている。質問の原文は「あなたは、サプリメントのような健康食品(健康の維持・増進に役立つといわれる成分を含む錠剤、カプセル、粉末状、液状などに加工された食品)を食べたり、飲んだりしていますか」。

↑ 健康食品を食べたり飲んだりしているか(男女別・年齢階層別)(2019年)
↑ 健康食品を食べたり飲んだりしているか (男女別・年齢階層別)(2019年)

男女別では全体、年齢階層ともにすべてにおいて女性の方が摂取率が高い。健康食品は女性の方が需要が大きそうだ。そして意外にも思えるかもしれないが、若年層よりも高齢層の方が摂取率は高い。女性は50代以降において4割前後が摂取していることになる。

それでは具体的にどのような種類の健康食品を摂取しているのか。摂取者に限定した上で、「健康保持・増進」「たんぱく質補充」「ビタミン補充」「ミネラル補充」「その他」と区分し、該当するものに複数回答で答えてもらったのが次のグラフ。

↑ 健康食品を摂取している目的は(複数回答、接種者限定、男女別・年齢階層別)(2019年)
↑ 健康食品を摂取している目的は(複数回答、接種者限定、男女別・年齢階層別)(2019年)

男女とも全体としては健康保持・増進がもっとも多く7割台。明確な目的のためにというよりは、何となく健康によさそうだからとマルチビタミンの錠剤や、普段から不足していると言われているカルシウムや鉄分などのサプリメントを服用しているのだろうか。

年齢階層別にみると健康保持・増進はおおよそ年齢が上になるに連れて摂取率が増え、ビタミン補充は減っていく。ミネラル補充は年齢階層であまり変わりがない。

女性20代ではビタミン補充がずば抜けて多いが、美容と絡んでの摂取だろう。他方男性20代はたんぱく質補充が異様なまでの多さを示しているが、これは運動のサポートとして摂取しているものと思われる。

今回国民健康・栄養調査で健康食品が特別枠の調査対象となったのは、摂取している食材や主要栄養素などでは勘案されていないこと、そして何よりも日常生活に深く浸透し、多くの人が摂取している実情によるものだろう。今後さらに普及が進めば、何らかの形で食材の一つとして調査対象に加わるかもしれない。


■関連記事:
【カロリー、たんぱく質、炭水化物…主要栄養素等の摂取量をグラフ化してみる(最新)】
【男性シニアの料理、気にするのは「メニュー」「作り方」そして「量」】
【脳に良い イメージがある 食べ物は お魚野菜に キノコや海そう】
【生鮮食料品の入手困難な理由、最多意見は「価格が高い」(国民健康・栄養調査2012年版)】
【昔に比べて栄養摂取量が減っているとの話だけど】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS