情報と報道の意味…株式市場雑感(20/10/12-20/10/16週)(週終値:2万3410円63銭)

2020/10/16 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■20/10/12:日経平均終値2万3558円69銭/115.8
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。米国での追加の景気対策に対する不安感が売り材料となった。出来高は8億5007万株(東証一部上場のみ)前営業日比で日経平均株価は-0.26%、TOPIXは-0.24%、マザーズ指数は+1.22%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.59%となる。

スポンサードリンク


■20/10/13:日経平均終値2万3601円78銭/114.7
本日の東京株式市場はほぼもみ合いの流れ。寄り付きは前日の米国市場の堅調さを受けて買われたが、その後利益確定売りと思われる売りに押され失速。後場に入って持ち直したものの勢いはなく、低空飛行状態が続いた。出来高は8億7081万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.18%、TOPIXは+0.35%、マザーズ指数は-0.75%。ここ数日出来高が減少しているのは気になるところ。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.77%となる。


■20/10/14:日経平均終値2万3626円73銭/115.6
本日の東京株式市場はほぼもみ合いの流れ。前場は前日の米国市場が軟調だったことを受けていくぶんの売り基調だったが、後場に入ると大型株の一部に買いが入りプラスに転じた。出来高は9億6737万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.11%、TOPIXは-0.32%、マザーズ指数は+1.37%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.34%となる。


■20/10/15:日経平均終値2万3507円23銭/107.9
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日の米国市場の軟調さを受け、売り基調の展開となった。欧州で新型コロナウイルスの感染が再拡大しているとの報も売り要因となった。出来高は8億8831万株(東証一部上場のみ)。やはり出来高が減少しているのが気になる。前営業日比で日経平均株価は-0.51%、TOPIXは-0.74%、マザーズ指数は-2.25%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-0.96%となる。


■20/10/16:日経平均終値2万3410円63銭/97.8
本日の東京株式市場は前場もみ合い、後場下落の流れ。前場は前日の欧米市場の軟調さがあったものの大型銘柄の好決算予想を受けた上昇に引っ張られる形でもみ合いとなったが、後場に入ると先物の売りがけん引する形で下げ相場に転落した。出来高は9億1758万株(東証一部上場のみ)。やはり出来高が減少しているのが気になる。前営業日比で日経平均株価は-0.41%、TOPIXは-0.86%、マザーズ指数は-1.66%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-1.08%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS