シニアの今の楽しみ、旅行にテレビに読書にグルメ

2020/09/21 05:43

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-0912ソニー生命保険は2020年9月11日、シニア(50-79歳対象)に対する生活意識の調査結果を発表した。それによると調査対象母集団において、現在楽しみにしていることの最上位項目は旅行だった。4割強の人が楽しみだと回答している。次いでテレビ/ドラマ、読書、グルメ、健康が続く(【シニアの生活意識調査2020】)。

スポンサードリンク


今調査は2020年8月3-4日にかけてインターネット経由で50-79歳の男女に対して行われたもので、有効回答数は1000人。男女・年齢階層(50代と60代・70代の2区分)で均等割り当て。調査協力会社はネットエイジア。調査結果からは回答者全員がスマートフォンを利用していることが確認でき、多分にスマートフォン利用者を調査対象母集団としていることがうかがえる。そのため、社会全体の実情とはいわゆるデジタルデバイドによる差が生じていることに加え、実際の人口構成比とは異なることに注意が必要。

次に示すのは回答者が現在楽しみとしていることを複数回答で答えてもらったもの。トップには旅行がついた。4割強の人が「今の楽しみは旅行」と考えている。

↑ 現在の楽しみ(複数回答、上位陣)(2020年)
↑ 現在の楽しみ(複数回答、上位陣)(2020年)

家計調査などでも高齢者世帯では旅行関連の支出額が大きくなる傾向があるが、シニアにとっては、普段とは異なる場所に足を運んで非日常的な体験、今までに無い体験をすることに大きな喜びを覚えるのだろう。

次いで高い回答値を示したのはテレビ/ドラマで34.6%。旅行とは異なり、テレビ放送受信機があればいつでもテレビやドラマを堪能できる。有料放送で無ければほぼ無料で観れるのもポイントだろうか。似たような項目としては第6位に映画が入っている。一方で映像を楽しむとの観点では同じ経験ができるはずの、インターネットによる動画観賞が情人に入っていないのを見ると(今件はインターネット調査であるにもかかわらず)、シニアはインターネットで何かを楽しむのには積極的ではないように見える。

さらに読書、グルメ、健康と続くが、対人関係の項目となる子供/孫は第7位、パートナーは第9位に留まっている。

これを回答者の男女別で区分し直すと次の通りとなる。男女それぞれの特性が現れているようで興味深い。

↑ 現在の楽しみ(複数回答、上位陣、男女別)(2020年)
↑ 現在の楽しみ(複数回答、上位陣、男女別)(2020年)

複数回答であることを考慮すると、男性よりも女性の方が楽しみにしている項目が多いように見受けられる。上位陣で男性の方が値が上なのは、旅行とパートナーとスポーツのみ。旅行は男女でほとんど変わりがない人気ぶりだが、他の項目は少なからぬ差が出ている。特にテレビ/ドラマは女性が、スポーツは男性が突出しているのがうかがえる。男性ではスポーツは女性の2倍以上の値を示しているが、一方で健康は女性より下であることを考えると、項目中のスポーツは健康維持のため自分で行うものというより、観賞対象の意味合いが強いのかもしれない。

ちなみに一定額の金銭的負担がかかる項目として旅行とグルメについて、楽しみであると回答した人に具体的に1か月あたり平均でどれぐらい支出をしているかを尋ねた結果が次のグラフ。

↑ 旅行やグルメに対する1か月あたりの支出平均額(回答者限定、万円、男女別)(2020年)
↑ 旅行やグルメに対する1か月あたりの支出平均額(回答者限定、万円、男女別)(2020年)

旅行は女性、グルメは男性の方が高い額との結果が出ている。一般的にイメージされている額とは逆で(特にグルメは女性の方が高い額を支払っていそう)、意外といえば意外ではある。


■関連記事:
【シニアライフで満喫していることって何だろう?】
【シニア層がイメージする「カッコいいシニア」とは?】
【【更新】新聞記事や特集7割・テレビ番組8割……シニア層の情報源、テレビや新聞が圧倒的】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS