主要動画配信事業者のユーザー実情をグラフ化してみる(最新)

2020/06/15 05:15

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-0608動画提供の仕組みは作品ごとの切り売り、定額見放題方式など多々あるが、インターネット技術の進歩と普及に伴い、有料動画配信を事業とする事業者も多様におよんでいる。今回は日本映像ソフト協会が2020年5月27日付で発表した、日本の映像ソフト協会そのものやソフト関連の実地調査結果を絡めた白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版「概要」を基に、主要(有料)動画配信事業者における、利用者の実情を年齢階層別で確認する。

スポンサードリンク


今調査は2020年1月にインターネット経由で実施されたもので、調査対象は16-69歳。一般調査は1500人、有料動画配信の内情調査は1300人を対象としている。いずれも男女・年齢・インターネットの利用状況に関するウェイトバックがかけられており、調査対象母集団の属性に関する偏りは最小限に抑えられている。

次に示すのは主要な(有料)動画配信事業者の利用者について、年齢階層別の構成を確認したもの。例えばAmazonなら15-19歳の値が5.1%となっているので、Amazonによる動画配信事業を利用している人の5.1%は15-19歳で占められていることになる。調査対象は15-69歳なので、14歳以下と70歳以上の人は勘案されていない。

↑ 利用者年齢階層別構成比(主要動画配信事業者別)(2019年)
↑ 利用者年齢階層別構成比(主要動画配信事業者別)(2019年)

それぞれの事業者のサービス内容、料金システム、利用に必要な機材など多様な条件の違いがあるため、すべての事業者が同じような年齢階層別の構成比をするはずなどないのだが、個々の事業者毎のサービスの特性が顕著に表れていて興味深い。

NetflixやYouTube、Hulu、U-NEXTでは若年層が多めだが、これはデジタル系との相性のよさによるものだろうか。DAZNは中年層の比率が高いのが特徴で、元々スポーツ専用の動画配信サービスという特徴によるものかもしれない。他方WOWOWは他の事業者と比べると50代以降の利用者が多く、50代・60代だけで利用者全体の6割近くを占める形となっている。ある意味、Amazonが一番年齢階層別構成比ではバランスが取れているようにすら見える。

このグラフはそれぞれの利用者内での年齢階層別構成比を見たものだが、公開値を用いて概算ではあるが、全体(有料動画配信を利用していない人も含む)比を算出したのが次のグラフ。例えばAmazonなら全体の10.1%が利用しており、そのうち0.5%は15-19歳で占められている。

↑ 利用者年齢階層別構成比(全体比、主要動画配信事業者別)(2019年)
↑ 利用者年齢階層別構成比(全体比、主要動画配信事業者別)(2019年)

Amazon利用者の圧倒的な多さがあらためて確認できる。15-30代までで単独ならば他の主要事業者のいずれよりも多い利用者を確保している計算になる。また、Netflixは特に若年層の多さが特徴で、15-40代までの利用者でYouTubeやHuluなどの他事業者の利用者全体を上回る数を確保していることになる。

あくまでもこれは有料の動画配信サービスに限った話ではあるが、各社の立ち位置は大いに参考になるに違いない。


■関連記事:
【世界の動画・音楽配信の市場規模実情をグラフ化してみる(最新)】
【利用者数ではYouTubeがナンバーワン…日本の動画視聴サイト動向をグラフ化してみる】
【YouTube、ニコ動、そしてInstagram…動画や画像共有サービスの利用状況をグラフ化してみる(最新)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS