緊急事態宣言継続…株式市場雑感(20/05/07-20/05/08週)(週終値:2万0179円09銭)

2020/05/08 19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
■20/05/07:日経平均終値1万9674円77銭/97.2
本日の東京株式市場は安値低迷からもみ合いへの流れ。前場は前日の米国市場の動きを受けて売り基調だったものの、後場に入ると米株の先物の動きを反映する形で買われる。しかし勢いは弱く、低空飛行レベルの動きに留まった。出来高は13億5134万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.28%、TOPIXは-0.32%、マザーズ指数は+6.48%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安まちまち。前営業日比は+1.17%となる。

スポンサードリンク


■20/04/28:日経平均終値1万9771円19銭/113.0
本日の東京株式市場は下値低迷。前日の大幅高を受けた利益確定売りの売り圧力が強く、安値圏での値動きとなった。原油価格の下落も足をひっぱる形に。出来高は12億3355万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.06%、TOPIXは+0.13%、マザーズ指数は+1.85%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.85%となる。


■20/04/30:日経平均終値2万0193円69銭/108.4
本日の東京株式市場は大幅高の展開。米国の経済活動の再開への期待感や、新型コロナウイルスの治療薬に対するポジティブな報道が買い材料となった。出来高は17億1766万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+2.14%、TOPIXは+1.03%、マザーズ指数は+2.23%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.56%となる。


■20/05/01:日経平均終値1万9619円35銭/103.7
本日の東京株式市場は大幅安の展開。前日の欧米市場の軟調さに加え、連休前のポジション整理売り的な売りが重なり、さらに米国での対中報復措置の報道も売り圧力として加わった。出来高は13億6465万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-2.84%、TOPIXは-2.24%、マザーズ指数は-0.36%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。前営業日比は-2.87%となる。


■20/05/08:日経平均終値2万0179円09銭/107.56
本日の東京株式市場は大幅高の展開。前日の米国市場が堅調だったことや、米中貿易摩擦の懸念が後退したことを受け、買い基調の中での展開となった。出来高は13億7293万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+2.56%、TOPIXは+2.21%、マザーズ指数は-2.01%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.55%となる。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS