新型コロナウイルスでの買い占め騒動の実情をグラフ化してみる(日々の購入動向編)(2020年3月分まで)

2020/05/08 11:06

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-0508新型コロナウイルスによる感染症に関して特に世間を騒がす話の一つに、物品の買い占め問題がある。マスクは元々供給の大部分を輸入に頼っていたが輸入元からの供給が事実上ストップし、国産マスクの増産は始まっているものの急増する需要には追い付かず、さらに買い占めの動きが生じて需給バランスが崩れてしまう形となった。他方、米やティッシュペーパーなどは十分な供給があるにもかかわらず流言の類で流通が追い付かず、一時的に需要過多による品不足が発生する事態となった。今回は【家計調査】の結果を基に、その騒動の一端を統計上の数字から確認していくことにする。

スポンサードリンク


検証する品目


今回検証する品目は、原則として品目分類におけるものとする。具体的には次の通り。

・米…米としての原形をとどめたもので、強化米入りも含む。米に加工を加えたものは除く。
・ティッシュペーパー…ロール状以外の薄葉紙のもの。
・トイレットペーパー…ロール状で水溶性のある薄葉紙のもの。
・ペーパータオルなど…正式な品目名は「他の家事用消耗品のその他」。家事用消耗品のうちティッシュペーパーや芳香剤以外のもの。ペーパータオル以外に除湿剤、ようじ、潤滑油、ウェットティッシュ、漂白剤など。
・石けんや消毒液…正式な品目名は「他の医薬品」。胃腸薬や栄養剤などに該当しない医薬品。石けんや消毒液以外に睡眠薬や下剤、避妊薬や鼻炎用の飲み薬、せき止めなど。
・マスク…正式な品目名は「保健用消耗品」。マスク以外に綿棒、ばんそうこう、おむつカバー、入浴剤など。

消毒液やマスクは単体としての品目が無かったため、他の品も含まれる品目を用いることから、正確さの上ではやや欠ける形となる。

また、月単位、さらには日単位での調査が実施されているのは二人以上世帯のみのため、検証は基本的に二人以上世帯に限ったものとなる。単身世帯や、単身世帯と二人以上世帯を合わせた全世帯を意味する総世帯に関する検証は、四半期単位の調査結果を待った上で別途行う予定。

日々の支出金額の動き


まずは日単位での支出金額。

↑ 二人以上世帯の日別支出金額(ペーパー類、品目別、円)(2020年)
↑ 二人以上世帯の日別支出金額(ペーパー類、品目別、円)(2020年)

↑ 二人以上世帯の日別支出金額(米やマスクなど、品目別、円)(2020年)
↑ 二人以上世帯の日別支出金額(米やマスクなど、品目別、円)(2020年)

ペーパー類ではペーパータオルなどが2月頭から支出金額が増える傾向にあったが、ティッシュペーパーやトイレットペーパーは大きな動きは無かった。ところが2月27日を境に大きな上昇ぶりを見せ、2月28日にはピークに達する。この動きはペーパータオルも追随している。2月27日といえば例の「原材料が中国からの輸入品だからトイレットペーパーなどの紙製品が不足する」という流言が生じた日であり、その流言が人々を購入行動に走らせたことが裏付けられたことになる。

2月28日のピークの後も支出金額は以前より高めの値を示すが、3月半ば頃にはおおよそ元の値に戻る。支出金額の観点ではペーパー類の不足感による需要過多は、3月半ば頃で終息したように見える。

米やマスクなどでは、米に関しては2月の間は大きな変化は無い。ペーパー類の不足流言に合わせ、2月28日に向けてやや支出金額が大きくなっている程度。3月に入ると全体的にやや支出金額が増えている感はある。もっともこれは流言による品不足感からではなく、学校の休校要請や外出自粛により、世帯での米消費量が増えたことによるものと考えた方が道理は通る。

石けんや消毒液などはむしろ1月20日と2月17日、3月16日に大きな支出金額が確認できる。いずれもその月の第三月曜日のため、何らかの法則としての動きなのかもしれない。それ以外では大体土曜から日曜にかけて支出金額が減る動きを見せている。就業時に用いるであろう鼻炎用の飲み薬が影響しているとも考えられる。マスクなどでは期間内では1月末あたりに大きな支出金額の増加が見られるが、あとは2月28日にペーパー類の動きに合わせる形で盛り上がりが生じている。マスクは3月に入ると支出金額そのものが減っているように見えるが、これは購入したくても供給不足状態のため不可能な状態が続いていたことによるものかもしれない。

前年同日比で検証


特にティッシュペーパーやマスクなどは、毎年春に向けて花粉症対策として購入する機会が増えるため、今回の動きも花粉症対策のためのものとの見方もできる。そこで前年同日比を差額で算出したのが次のグラフ。2020年はうるう年で2月は29日まであるため、比較対象となる2019年2月29日分は3月1日のを代わりに当てはめ計算している。

↑ 二人以上世帯の日別支出金額(ペーパー類、前年同日比、品目別、円)(2020年)
↑ 二人以上世帯の日別支出金額(ペーパー類、前年同日比、品目別、円)(2020年)

↑ 二人以上世帯の日別支出金額(米やマスクなど、前年同日比、品目別、円)(2020年)
↑ 二人以上世帯の日別支出金額(米やマスクなど、前年同日比、品目別、円)(2020年)

まずペーパー類だが傾向としては支出金額そのものと同じで、ペーパータオルなどは1月下旬あたりから支出金額が増えて2月27日から大幅増、2月28日にピークを迎えている。ピークが過ぎても高め値となる傾向は3月末まで継続している。支出金額が増えている理由は説明が難しいが、新型コロナウイルス対策としての除菌用ウェットティッシュが反映されているのかもしれない。

ティッシュペーパーやトイレットペーパーは前年と変わらない動きをしていたものの、2月25-27日から大幅増となり、2月28日にピークを迎えている。ピークを過ぎた後も3月半ばまではプラス(前年より高い値)の動きが続いており、支出金額の高さがこの時期ならではのもので毎年生じるものではなく、新型コロナウイルスの流行という今年の特殊環境下によるものであったことが確認できる。

マスクなどでは特段の変化は見られない。米は3月以降プラスを示す機会が増え、大きなプラスを示す日も複数確認できる。やはり世帯での米の消費量が増えたからなのだろう。石けんや消毒液などは3月に入ってからマイナスの値を示す日が多く、その値の幅も大きなものとなっている。品不足で買えないケースが多々生じているものと推測される。



あくまでも二人以上世帯限定ではあるが、2月末に生じた紙不足の流言は、消費者の購入性向に確実な影響を与えていたことが確認できる。一方でペーパータオルやウェットティッシュは1月下旬あたりから購入の活性化が生じていたこと、マスクなども同じタイミングで購入の活性化が生じたものの、それ以降は供給力不足で購入そのものができない状態が続いていたであろうこと、そして世帯での米の消費は3月に入ってから大きく増加しているであろうことも推測できる次第ではある。


■関連記事:
【騒動後初めて商品棚に並ぶ普通のマスクを見た】
【マスク配布の件】
【他人が気になるマスクの交換頻度、その実情を探る】
【マスクへのあるある話な不満点、眼鏡に耳に、そして内部が】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS