「あつまれ どうぶつの森」が2週連続のトップに…ゲームソフトランキング更新(2020/03/23-2020/03/29)

2020/04/06 05:11

このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅でゲームをしているだけで社会貢献ができるとポジティブシンキング状態でゲームをしている人も多いであろう今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、任天堂の新作「あつまれ どうぶつの森」(Nintendo Switch)がついた。自由奔放な生活体験ゲーム「どうぶつの森」シリーズの最新作で、今作では無人島での暮らしがテーマとなる。手つかずの自然豊かな無人島でプレイヤーは自由度の高いスローライフを楽しむことができる。発売から2週目となったが感想はおおむね堅調。エディタ機能を使ったデザインがネット上に多数披露されていることもあり、口コミで面白さが広がっている。

スポンサードリンク


第2位はバンダイナムコエンターテインメントの「ONE PIECE 海賊無双4」(PlayStation 4)が。週刊少年ジャンプの人気連載漫画「ONE PIECE」とアクション活劇ゲーム「無双」シリーズのコラボ作品の第4弾。「ONE PIECE」の世界観で「無双」ライクな格闘を繰り広げるという、夢のプレイ体験ができる。登場するのは前作までに登場した者の一部に加え、ドレスローザ編、ホールケーキアイランド編などに出ているキャラクターも。今作では漫画やアニメで展開中の「ワノ国編」をオリジナルストーリーで描いたストーリーモードも実装されている。初週感想はやや好評多し。アクション性の爽快さへは評価が高いが、DLCへの注力過多やバランス的な観点での意見も多い。なお第3位には同タイトルのNintendo Switch版がついている。

今回計測週は「あつまれ どうぶつの森」が連続する形でトップなのは予想が容易にできたものの、「ONE PIECE 海賊無双4」が2機種双方とも上位入りしたのには驚き。次週以降も快進撃は続くのだろうか。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS