「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2020/02/17-2020/02/23)

2020/03/02 05:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり休日になって暇を持て余す人も少なくないであろう今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、アトラスの新作「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ」(PlayStation 4)がついた。「ペルソナ5」の半年後を描いた後日談的な物語をアクションRPGで作り上げた新作。主人公だけでなく主要メンバーを直接操作できるので、戦況に応じて操作キャラを使い分ける戦略が可能。後日談とはあるが、「ペルソナ5」そのものをプレイしていなくても十分堪能できる。初週感想はおおむね堅調。ぶっちゃけると「ペルソナ5無双」的なイメージで間違いない。なお同タイトルのNintendo Switch版が第2位についている。

スポンサードリンク


第3位は任天堂の新作「ポケットモンスター ソード/シールド」(Nintendo Switch)が。ポケモンシリーズの最新作で、武具の剣と盾という相対するものがネーミングテーマとして用いられている。ガラル地方を舞台にポケモンリーグに挑み、各地のジムをめぐりチャンピオンを目指していく。ポケモンが巨大化するダイマックスという仕組みがポイント。発売は昨年の11月だが、感想は高安両極端が継続中。もっとも当初と比べれば高評価が増えてきた雰囲気。ゲームバランスや表現スタイル、ビジュアルなど多方面で高評価と低評価が入り乱れている。

今回計測週は「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ」が上位を独占した形。同週では他にも新規タイトルが何本か発売されているが、上位入りは果たせなかった。

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS