クリスマスに向けてケーキはいつ買われるのか…日々のケーキ購入傾向をグラフ化してみる(最新)

2019/12/08 05:18

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-1207先行記事【日本のケーキの消費傾向をグラフ化してみる(最新)】【日本の12月におけるケーキの消費傾向をグラフ化してみる(最新)】で一般家庭におけるクリスマス向けケーキの消費傾向を総務省統計局の【「家計調査」】を基に確認した。今回は同じ「家計調査」の公開値を用い、クリスマス向けケーキの消費傾向につき、具体的にいつ頃購入されているのかを見ていくことにする。

スポンサードリンク


家計調査では二人以上世帯(原則夫婦世帯)においてのみ、日次の動きに関する調査も行われている(【家計調査のデータを探す前に】)。世の中全体の傾向を推し量るのには総世帯(単身世帯+二人以上世帯)の値が望ましいのだが、存在しない以上仕方が無いので、この二人以上世帯における日々の支出額(=消費額)を基に、「ケーキ」がクリスマスに向けてどのように買い進まれていくのかを確認する。

なお「ケーキ」の具体的内容は【収支項目分類及びその内容例示(平成27年(2015年)1月改定)】によると次の通り。

●ケーキ
原則として、小麦粉をスポンジ状、タルト状に焼きあげ、それに生クリーム、果物などを飾ったもの。
 〇ショートケーキ、モンブラン、チーズケーキ、サバラン
 ×バームクーヘン、パウンドケーキ、アップルパイ→「他の洋菓子」

バームクーヘンなどもクリスマスケーキとして用いられる場合があるかもしれないが、「他の洋菓子」にはエクレアやシュークリーム、ババロア、スイートポテト、ムースなど多様な洋菓子が該当するため、クリスマス向けケーキの傾向を推し量るのには適していない。クリスマス用としてクッキーなどの洋菓子が用いられることもあるが(「ビスケット」が該当)、そもそもケーキでは無いので除外する。

現時点で日次データが取得できるのは2019年9月分まで。そこで前年度に該当し、クリスマス関連の傾向を推し量れるように、2018年11月から2019年3月までの日々の支出に関して、「ケーキ」の金額を確認したのが次のグラフ。

↑ 二人以上世帯における平均支出額(ケーキ、日次、円)(2018年11月-2019年3月)
↑ 二人以上世帯における平均支出額(ケーキ、日次、円)(2018年11月-2019年3月)

たまたま誕生日や結婚記念日などのイベントや、ちょっとしたご褒美的な意味でケーキを買う場合もあるためか、毎日一定額はケーキが買われているのが分かる。一方でクリスマスイブの12月24日に向けて支出額は急激に増え、ピークとなる12月24日には380.42円を示す。クリスマスイブではなくクリスマス当日にケーキを買う場合や、イブを過ぎて安売りされているケーキを買うケーキ好きの人も少なからずいるようで、12月25日も通常と比べると高い値を示しているのも興味深い。

一方で正月前後に多少、そして3月3日にはクリスマスにはおよばないものの明らかにケーキへの支出額が増える動きが確認できる。前者は年末年始のパーティー的なものの際に、後者はひな祭りのためにケーキが買われるために生じたものだろう。

いずれにせよケーキのセールはクリスマス前後が天王山であることに違いは無いようだ。

他方、ケーキをはじめとするスイーツの消費傾向に影響を与える要因の一つとして、コンビニの存在が挙げられる。いつでもすぐに気軽にスイーツが手に届く環境の整備は、ケーキの存在を身近なものとしたに違いない。今件におけるクリスマス向けケーキの少なからずもコンビニで購入されたものと考えられる。

そこでコンビニがスイーツに本腰を入れていない2010年時点の動きを確認したが(コンビニでのスイーツ展開が本格化するのは2010-2011年あたりから。ローソンが2009年にプレミアムロールケーキの販売を始め、大ヒットになったのがきっかけ。セブン-イレブンでは2012年5月からオリジナルスイーツの全面改定と工場の新設・増強を行っている)、2018年のものと大きな違いは無かった。

↑ 二人以上世帯における平均支出額(ケーキ、日次、円)(2010年11月-2011年3月)
↑ 二人以上世帯における平均支出額(ケーキ、日次、円)(2010年11月-2011年3月)

かろうじて違いを見い出すとすれば、年末年始の盛り上がりの類が見られないことだろうか。

ともあれ昔も今も、クリスマスにはケーキが大いに買われることに違いはあるまい。


■関連記事:
【バレンタインデーに向けてチョコはいつ買われるのか…日々のチョコレート購入性向をグラフ化してみる(最新)】
【ロールケーキの効用か?「スイーツがおいしいと思うコンビニは?」ランキング】
【まんじゅう、ようかん、せんべいはシニアの方が好んで食べる…年齢階層別・単身世帯のお菓子支出比率をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)】
【セブン-イレブンで「スイーツ改革」、オリジナルスイーツを全面リニューアルへ】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS