日本のケーキの消費傾向(最新)

2020/12/12 05:43

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-1118毎年12月に入ると彩り豊かな、あるいは工夫を凝らした新作ケーキが多数登場し、クリスマスが間近に迫っていることを再認識させてくれる。クリスマスにはプレゼントとともに欠かせない存在となるクリスマス向けケーキのラインアップの充実は、実に心を豊かにしてくれるものだ。そのケーキの消費性向は、日本の地域別で見るとどのような状況なのだろうか。【日本の牛豚鶏肉の消費傾向】でも用いた、総務省統計局が定期的に調査を実施し、その結果を公知している「家計調査」から必要な値を抽出し精査を行うことにする。

スポンサードリンク


世帯あたりの支出額は富山県がトップ


今件で確認するのはクリスマスで花形的なポジションを持つケーキ。「家計調査」では該当する品目分類として「ケーキ」そのものが確認できる。その項目が指す具体的内容は【収支項目分類及びその内容例示(平成27年(2015年)1月改定)】によると次の通り。

●ケーキ
原則として、小麦粉をスポンジ状、タルト状に焼きあげ、それに生クリーム、果物などを飾ったもの。
 〇ショートケーキ、モンブラン、チーズケーキ、サバラン
 ×バームクーヘン、パウンドケーキ、アップルパイ→「他の洋菓子」

バームクーヘンなどもクリスマスケーキとして用いられる場合があるかもしれないが、「他の洋菓子」にはエクレアやシュークリーム、ババロア、スイートポテト、ムースなど多様な洋菓子が該当するため、クリスマス向けのケーキの傾向を推し量るのには適していない。

データの取得手順は次の通り。【家計調査年報】から、家計収支編のうちすべての世帯に相当する「総世帯(単身世帯+二人以上世帯)」に関して、「<品目分類>1世帯あたり品目別支出金額」の「都市階級・地方・都道府県庁所在市別」を選び、必要な値を取得する。ここには全国都道府県庁所在市別の各食品における年間平均支出「額」が記載されている。現時点では2019年の値が最新。そこから「ケーキ」の世帯あたりの年間支出額を精査していく。本来ならクリスマス向けのケーキの傾向として12月の値のみが検証できればよいのだが、総世帯では月次のデータが存在しないので検証は不可能。

なお今件はあくまでも「世帯あたりの」支出額であることに注意。その地域全体の支出額となれば、人口の大小が多分に影響を与えるので、東京都がトップになるのは容易に想像ができる。要は各地域における生活単位(=世帯)で、ケーキの支出傾向にどのような違いがあるかを見ていく次第。

世帯単位での年間支出額としては富山県がトップとなった。

↑ 世帯あたりのケーキ支出額(総世帯、品目分類、年間、都道府県別、円)(2019年)
↑ 世帯あたりのケーキ支出額(総世帯、品目分類、年間、都道府県別、円)(2019年)

↑ 世帯あたりのケーキ支出額(総世帯、品目分類、上位陣、年間、都道府県別、円)(2019年)
↑ 世帯あたりのケーキ支出額(総世帯、品目分類、上位陣、年間、都道府県別、円)(2019年)

富山県に次いで石川県、山口県、東京都、群馬県と続くが、ケーキの支出額には地域的な傾向は見出し難い。例えば都心部ではオシャレな店が多いのでケーキを購入するきっかけが生じやすいとか、南の方の地域は暑いからケーキのような甘味は避けられやすいといったものは確認ができない。クリスマスに消費されているかはともかくとして、ケーキへの支出度合いは地域環境的な影響は無いようだ。

他方、類似記事となる【日本のチョコレートなどの消費傾向】にある通り、2018年のデータではあるが、富山県は「チョコレート」単独でも、「チョコレート菓子」を加えてもトップ10に入っているのを併せ考えると、富山県では甘味が大いに好まれ消費されているような感がある。もっとも富山県のこの値はやや突出に過ぎる感もあり、調査対象となった世帯の一部がたまたま過度にケーキへ支出した結果という形での、イレギュラーの可能性も否定できないのだが(該当世帯数は33世帯)。

一人あたりの金額を算出すると


家計調査では残念ながら「ケーキ」に関して、購入数量や平均価格の調査は行われていない。商品種類別の差異が大きいのが理由だろう。よって残念ながら「ケーキの消費重量」の精査は不可能。

そこで見方を変え、「世帯単位の支出額」ではなく「世帯構成員一人あたりの支出額」を算出してみることにする。これは各地域の平均世帯構成人数を用いることで容易に算出可能。無論世帯構成員には老若男女すべてが含まれるため、単純に割り算をしたのでは世帯構成によるぶれが生じる可能性もあるが、今件はあくまでも指標を求めるのが目的のため、目をつぶることにする。

↑ ケーキ支出額(総世帯、品目分類、一人あたり、年間、都道府県別、円)(2019年)
↑ ケーキ支出額(総世帯、品目分類、一人あたり、年間、都道府県別、円)(2019年)

↑ ケーキ支出額(総世帯、品目分類、一人あたり、上位陣、年間、都道府県別、円)(2019年)
↑ ケーキ支出額(総世帯、品目分類、一人あたり、上位陣、年間、都道府県別、円)(2019年)

上位陣の顔ぶれに大きな変化は無いが、順位については平均世帯構成人数の差異が大きく影響する形となった。世帯単位ではトップだった石川県は相変わらずトップだが、続くのは山口県、そして宮城県、埼玉県。

一人あたりで計算しても、地域別の傾向は確認できなかった。ケーキに関しては特定の都道府県でよく購入する人が多いというレベルに留まっていると考えられる。



今件はあくまでも年間のケーキ支出額であり、クリスマス向けのケーキ支出額ではない。しかし普段からケーキを購入し、クリスマスのみ買わないという消費スタイルは考えにくい。何らかのイベントでケーキを買うという習慣がある人が多ければ、その動きは年間の数字になって表れるはずである。

恐らくはクリスマスにおいても、今件精査で上位についた地域では、大いにケーキが買われているのだろう。

ちなみにケーキに近い品目分類としては「カステラ」が挙げられる。具体的な説明はなく、項目名で回答者が認識できる食品が対象となる。

↑ 世帯あたりのカステラ支出額(総世帯、品目分類、年間、都道府県別、円)(2019年)
↑ 世帯あたりのカステラ支出額(総世帯、品目分類、年間、都道府県別、円)(2019年)

言葉通りけた違いで長崎県がトップ。他は埼玉県と石川県がやや多い程度。品目分類には購入した世帯内で消費するものに限らず、他に贈呈するために購入するものも該当するため、長崎県での名産品となるカステラを買う機会が多いからなのだろう。もちろん世帯自身でも多分に消費しているものと思われるが。


■関連記事:
【バレンタインデーに向けてチョコはいつ買われるのか…日々のチョコレート購入性向】
【ロールケーキの効用か?「スイーツがおいしいと思うコンビニは?」ランキング】
【ようかん、ゼリー、せんべい、キャンデーはシニアの方が好んで食べる…年齢階層別・単身世帯のお菓子支出比率(家計調査報告(家計収支編))(最新)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2021 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS